小学生に受験しなくても塾は必要か?習うおすすめの教科は!

小学生にとって塾は必要か?
表題では「受験しなくても」となっていますので、
今回は受験をしない小学生について考えてみたいと思います。

ちょっと前までは塾は中学生になってから入
るというイメージが強かったのですが、
最近では小学生でも普通に塾に通っていると聞きます。

テレビドラマでも子役が「今日は塾だから~~」
と言って帰る場面もよく見ますよね。
では小学生から塾に通うメリットとデメリットを
考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

塾に通うメリット

メリットと思うことをあげてみました。

○学校の勉強の予習復習ができるので、
「わからない」ことを理由に勉強が嫌いにならない

○学校の先生と違い、
プロがわかりやすく個人を見ながら
教えてくれるので楽しく勉強ができる

○違う学校の友達ができ、子供の世界が広がる

○学校の授業でわからなかったことを教えてもらえる

こんなことが考えられました。
授業料を払って教えてもらうのですから、
塾の先生も色んな工夫をして楽しみながら
わかりやすく教えてくれるので、
勉強が好きになる子も増えるのではないかと思います。

塾に通うデメリット

デメリットと思うことをあげてみました。

○本人が行きたがっていない

○違うことに興味があるのに塾に通うことで
時間もお金も費やし個性が育たない

○本人と両親との気持ちにギャップがある
場合には家庭環境に影響がでる

○周りのお友達が通っているからうちも・・・
という流される的な考えで家計に無理がかかる

こんなことを考えました。

やはり本人の意思も大切だと思います。

「まだ子供だから自分の意思なんて
やりたくないに決まってる!」と
決めつけるのはよくないと思います。

もし本人が塾に行きたくないけど、
親は行かせたいと思った場合にはきちんと
「どうして行きたくないの?」

「なにか他にしたいことあるの?」など、
きちんと話をしてコミュニケーションを取る
ことが1番大切なのではないでしょうか。

そしてそれぞれの家庭にも事情がありますから、
ムリをしてでも塾に通わせるのは自分や夫婦間でも
問題が生じる原因になりますし、
子供の気持ちにも影響がでると思います。

小学生の教育状況

受験をしないのなら、
学校の勉強だけして自由に育ててあげたい。

そう考える方はたくさんいらっしゃるし、
普通だと思います。

ここで最近の小学生の勉強について考えてみましょう。
今は小学5・6年生で英語が教科化されました。

算数や国語と同じ「教科」となり、成績評価されます。

そして小学3・4年生から外国語活動が始まります。

教科化はされませんが、
外国語に慣れることを目標として
ゲームやクイズを行うようです。

私の時代にはまだ英語を習うのは
中学生からだったので、
小学5年生から英語の塾に通っていた私は

中学になると英語がラクで、
クラスのみんなからも先生からも
褒められる得意教科になりました。

同じスタートラインに立つよりも、
少し早くスタートした方が有利なのは
間違いないですよね。

あ、でも私の場合は受験もしていませんし、
ただ単に両親が自営業で忙しく、
家族で過ごせる時間が不定期でもあり
私の面倒を見る人がいなかったから
塾に送り込まれたタイプでして(笑)

スポンサーリンク

私立高校無償化の開始

2018年度から東京都は私立高校の授業料の
実質無償化を開始しました。

該当するのは
・東京都在住
・世帯年収が約760万円未満

今まで学費が高かった私立高校に通いやすくなり、
親も子供も「勉強したい!勉強させてあげたい!」と
望む家庭にはとてもいい制度ですよね。

そうなると、
やはり高校受験という壁は避けて通れません。

習うおすすめの教科は?

経験上、
やはり同じスタートよりも早くスタートした方が
勉強の取りかかりもスムーズで、
学習意欲もわくのは事実です。

ではなんの教科を勉強したらいいでしょうか?

まず最初におすすめするのは「英語」です。

小学生から授業で習うので、
ここで遅れを取ったら中学からの勉強で
追いつくことは難しいと思います。

次におすすめするのは「算数」です。

算数は基礎さえきちんと学べば、答えのでる教科です。
国語などのように感想とか作者の気持ちとか、
答えのないものを考える教科ではないので、
とりかかりで「得意・不得意」の
差はあまりでないと思います。

なのでこちらも早くスタートすることで、
学校での授業がとてもラクに
なるのではないでしょうか。

基礎ができていないと進むことが
難しい教科だと思います。

そうなると英語同様に小学生で遅れを取ったら
中学からの勉強で差が出てしまう可能性が高いのです。

もちろんやる気になればいつからでも
遅くないのが勉強です。

でもそれはある程度自分がわかるくらいの
年齢にならないと理解できないのです。

小学生のうちからやる気になって
勉強にとりかかるなんて、
集中力もそんなにないですからね。

まとめ

結論として、塾は必要か?必要ではないか?
やはり本人の気持ちと家庭の事情を
最優先すべきだと思います。

習うおすすめの教科で「英語」と「算数」をあげましたが、
小学生の英語と算数でしたらご両親でも
教えてあげられるのではないでしょうか。

そんな時間がないのであれば、
今はテレビでも学習できますよね。

録画しておいてあげて、
何回もわかるまで見させてあげるという方法もあります。

ですので、中学受験をしないのであれば、
塾は小学生の時は無理に行かせる必要はないと思います。

ただ本人がやる気があれば家庭の事情に
問題がなければ行かせてあげた方が、
中学生になってからは凄く楽だと思います。

スポンサーリンク