七夕は古くから日本で行われる行事の一環で、毎年7月7日の夜には自身の目標や夢を短冊に書き笹の葉に飾りますよね。

そして、星にお祈りをすると願いが叶うと言われますが、実際に願いが叶う書き方は存在するのでしょうか?

この記事では、七夕の願い事が叶う書き方や、人気・面白い願いをランキング形式でご紹介したいと思います!



スポンサードリンク




七夕の願い事!叶う書き方とは?



七夕では、色とりどりの短冊に願いを記しますが、色にも意味がきちんとあり、自分の願いに合わせて短冊の色を合わせる必要があります。


『黒・紫』

黒や紫は学業に関する意味合いがありますので、受験や資格取得などの願いをするときは黒か紫を選びましょう。


『白』

白は規則や義務という意味があり、自身の生活スタイルやサボり癖を直したい方は白を選ぶと良いです。


『赤・黄』

赤や黄色は、他人への感謝・信頼・友情などの意味が込められてあり、自分の想いを他の人に伝えたいときは赤や黄色がベストな色でしょう。


『緑・青』

緑や青は、自分を磨き成長を高めるという意味を持ち、周囲への感謝の気持ちを忘れず、自分の人間力を高めたい方に適した色です。


※本来、短冊の色は青・赤・黄・白・黒の5色ですが、現在は緑や紫も使われています。


「叶えたい」ではなく「叶える!」


短冊に願い事を書く際、叶えたいのではなく叶えるという強い気持ちを持つことが大切だと言われます。

「◯◯が叶いますように」ではなく「◯◯が叶うために、日々努力しよう!」といった気持ちを持つことで、本当に実現したいという力が働くからです。

「◯◯が叶ったらいいな」という想いだけで、願い事が叶う人はごく稀なものですよね。

自身が掲げた目標や夢のために頑張った者のみに夢の扉が開かれると思いますし、あなたが頑張る姿をきっと神様も見ているはずです!

なので、短冊に願いを書いたら、その願いを実現するために少しずつでも日々行動に移しましょう。