大八木淳史の経歴とプロフィール!スクールウォーズのモデル!

現在日本ではラグビーがすごい人気ですよね!

 

「大八木淳史(おおやぎあつし)」さんをご存知ですか?お顔を見れば「知ってる!」という方がたくさんいらっしゃると思います。

 

今では俳優やタレントさんとして有名ですが、実はかなり有名なラグビー選手なんです。

 

大八木淳史さんが今のラグビー界に物申す!そうですよ。

 

それでは大八木さんについて少し紹介させていただきますね。

 

スポンサーリンク

【大八木淳史さんのプロフィール】

 

本名:大八木淳史(おおやぎあつし)

生年月日:1961年8月15日

出身地:京都市

血液型:B型

身長:190cm

体重:112kg

サイズ:B:115 W:98 H:110

靴サイズ:B:32cm

学歴:同志社大学 商学部卒 現在、同志社大学大学院 総合政策科学研究科博士課程(2007単位取得終了)

趣味・特技:オートバイ

 

スポンサーリンク

【大八木淳史さんの経歴】

1977年:京都の伏見工業高校でラグビーを始める

 

   高校日本代表として英国およびニュージーランドへ遠征

 

1980年:同志社大学入学

 

   学生日本一(4回)に貢献

 

1984年:ニュージーランドのカンタベリー大学にラグビー留学

 

留学中に平尾誠二さんに嘆願され、ニュージーランドから帰国後、同志社大学ラグビー部へ戻り、大学選手権で優勝し4度目の日本一を達成しました。

 

・大学選手権同志社大学時代 日本一4回(81~83、85年)

 

親交のあった後に株式会社神戸製鋼所の社長となる亀高素吉から直接勧誘を受け、神戸製鋼に入社

 

・日本選手権神戸製鋼時代 日本一7回(89~95年)

 

・キャップ数(国際試合出場)30

 

1987年:オックスフォード大・スタンレーカップに出場

 

1987年:世界選抜の一員としてオールブラックスと対戦

 

1995年:世界選抜の一員として南アフリカ選抜と対戦

 

1997年:現役引退

 

その後は、ユニークなキャラクターからテレビタレント(松竹芸能所属)として各メディアにて活躍しています。

 

2005年:同志社大学大学院総合政策科学研究科へ進学

 

「トップアスリートによるスポーツクラブの構築~青少年育成を視座に~」についての研究を行う

 

2007年4月:同志社大学大学院総合政策科学研究科博士課程に在籍

 

      高知中央高等学校ラグビー部ゼネラルマネージャー、京都市社会教育委員に就任。

 

2008年4月:香川大学客員教授に就任。京都市社会教育委員も務め、スポーツと青少年育成に取り組む

 

2011年12月:高知中央高等学校ラグビー部ゼネラルマネージャーを退任

 

2012年7月:芦屋学園中学校・高等学校の校長に就任

 

     併せて「芦屋学園スポーツモダニズムプロジェクト」リーダーとなる

 

2012年7月1日:芦屋学園中学校・高等学校校長にも就任

 

2013年4月1日:芦屋大学附属幼稚園長も兼任。

 

     さらに、全国高等学校体育連盟ボクシング専門部部長にも就任。

 

2014年3月:学校法人芦屋学園理事長に就任した

 

     (芦屋学園中学校・高等学校校長・芦屋大学附属幼稚園長も引き続き兼任)

 

2017年退任

 

2017年4月1日:鉄鋼商社、丸貴管鋼株式会社顧問に就任

 

スポンサーリンク

【大八木淳史さんはスクール☆ウォーズのモデル!】

大八木淳史さんは伝説のメガヒットドラマ『スクール☆ウォーズ ~泣き虫先生の7年戦争~』(TBS系列で’84~’85年に放送)のモデルとされる京都・伏見工を卒業されています。

 

スクールウォーズの主な登場人物というと、やはり主役の泣き虫先生ことラグビー部監督の山口良治さん!この役をやられたのが山下真司さん(役名は滝沢賢治)でした。

 

この山口監督のもと、選手として活躍していたのが大八木さんでした。

 

 

そしてニュージーランドに留学中だった大八木さんを同志社大学のラグビー部へ戻させた平尾誠二さんが、高校当時キャプテンを勤めていたんです。

 

残念ながら平尾誠二さんは 2016年10月20日に胆管細胞がんのため他界しています。

 

スポンサーリンク

【大八木淳史さんとラグビーとの出会い】

 

ラグビーなんてまったく知らなかった大八木さんが、ラグビーとの出会いについて語りました。

 

大工だった父の背中を見ていて「かっこいいな」と思って入ったのが、伏見工業高校の建築科でした。

 

中学時代はサッカーをやっていたので、ラグビーなんてルールもわからない。

 

運命と呼べる出会いの瞬間まで「ラグビー」という文字はぼくの人生には存在しませんでした。”

 

どうしてラグビー部に入部したのかの質問に対しては

 

”高校の入試当日の朝、校門でいきなりいかついトレーニングウェア姿の男に腕をつかまれたのです。

 

それが、のちに「泣き虫先生」と異名をとる恩師・山口良治先生(伏見工ラグビー部総監督)との出会いでした。”

 

と答えています。

 

入学当時すでに身長が180cmを超えていた大八木さんに目が付いたのではないかということです。

 

山口監督との出会い、そしてラグビーとの出会いは大八木さんにとって必然のものだったのでしょうね。

 

スポンサーリンク

【まとめ】

 

あのワールドカップでの桜ジャパンの活躍を見て、空前のラガーブームを巻き起こしている現在の日本。

 

ルール本がまだ売れてるって(笑)ルールなんてわからなくても、あの迫力はものすごいですよね。

 

あの走ってくる大男に体ごとぶつかって行く。

 

なんだかわらからないけど、涙が出るほど感動しました。

 

日本にラグビーというものの火付け役をしたのが、あのドラマ「スクール☆ウォーズ」ですね。

 

これからまだまだラグビーは人気が出そうですね。

スポンサーリンク