にきびは皮膚科で処方される塗り薬や飲み薬で治せる?

にきびは皮膚科で処方される塗り薬や
飲み薬で治せるのでしょうか?
「にきびが治らなくて困る・・・」とか、
「肌が汚い印象を持たれてしまう・・・」など、
なかなか治らないにきびに悩まれている人も
少なくないかと思われます。

そんな、
にきびの改善方法で皮膚科で処方される
塗り薬や飲み薬についてまとめてみました。

スポンサーリンク

皮膚科で処方されるにきびの薬とは!?

にきびは皮膚のトラブルの中でも身近なものですが、
すぐに治るものから後々まで跡が
残るものまで症状は様々です。

にきびの治療は意外と時間がかかるものです。
そこでおすすめしたいのが、皮膚科での治療です。
皮膚科でにきびの診療を受けると、
にきび専用の薬を処方してもらえます。

皮膚科で処方される薬には塗り薬と飲み薬があります。
どちらも市販のにきび薬などに比べて効果が高く、
にきびの改善も早めに行なえます。

飲み薬は、
炎症を抑える薬や皮脂の分泌を抑える薬、
ホルモンバランスを整える薬、
抗生物質(菌の繁殖を抑えるため)などが処方されます。

にきびの原因菌となるアクネ菌や炎症に
友好な抗生物質となります。
大抵は食後に飲むタイプの薬となります。

塗り薬は、
にきびの箇所にだけつけるものと
顔全体につけるものがあります。

菌の繁殖を抑える薬や炎症を和らげる薬、
毛穴の詰まりを改善する薬などがあります。

洗顔などで肌を清潔にした後に使用します。

また、漢方薬を処方されることもあります。

皮膚科で処方される飲み薬も塗り薬も
市販では手に入らないものとなります。

医師の診察と処方箋が無ければ購入できません。

しかし、効果が高く、
にきびの原因からしっかり治療することができます。

こういった理由から、
皮膚科でのにきび治療は効果的な方法と言えます。

いち早く確実ににきびを治したいという人は、
皮膚科でにきびの薬を処方してもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

にきびは皮膚科で処方される塗り薬や飲み薬で治せる?

にきびは、
皮膚科で処方される塗り薬や飲み薬で治せます。

皮膚科で処方される飲み薬には、
にきびの原因菌となるアクネ菌や
炎症に効果のある抗生物質があります。

抗生物質の服用期間は1ヶ月~3ヶ月程度が
理想だと言われています。

症状によって個人差はありますが、
長期服用にならないよう担当医と相談しましょう。

にきびは抗生物質の効かない菌が
増えてくることがあります。

そういった場合には、
塗り薬などでの治療となります。

塗り薬には、
アダパレンというものがあります。

アダパレンは、
毛穴のつまりを改善して面皰(めんぽう)を
できにくくする塗り薬です。

にきびの初期の症状は、
面皰という皮脂が毛穴に
詰まった状態となります。

にきびは別名「尋常性ざ瘡」と言い、
初期段階では炎症が無いにきび(面皰)ですが、
繁殖した菌や皮脂によって炎症が起こってしまいます。

毛穴のつまりを改善することで、
にきびができにくり肌環境を作ります。

外用塗布剤で、
にきびの再発予防などにも効果があります。

にきびを初期の段階で治療し、
炎症の強いにきびへの移行を防ぐ作用があります。

これらの塗り薬や飲み薬を利用した治療は、
日本皮膚科学会が策定したにきび治療の
ガイドラインでも推奨されています。

皮膚科で処方される塗り薬や飲み薬を利用しながら、
にきび治療にあたってみてはいかがでしょうか。

にきびの原因には、様々な理由が考えられます。

例えば、
ストレスや睡眠不足、
食生活の偏り、
ホルモンバランスの乱れ、
月経周期といったものが関連しています。

そのため、
日々の生活習慣を見直して改善することも
にきび治療に重要な要素となります。

肌を清潔に保つスキンケアも怠らないようにしましょう。

皮膚科で処方される塗り薬や飲み薬は、
市販の予防薬に比べて効果が見込めます。

そのため、
にきびの改善方法として皮膚科の
受診はおすすめの方法となります。

スポンサーリンク

まとめ

にきびは皮膚科で処方される塗り薬や飲み薬で
治せるのかどうかについてまとめました。

にきびは新陳代謝の活発な10代に
最もできやすくなりますが、
年齢を重ねてもコレステロールの摂り過ぎなど
食生活によってできやすくなってしまいます。

ホルモンバランスの乱れなどが原因に
なっていることもあります。

皮膚科などの専門の病院で診察してもらうことで
塗り薬や飲み薬を処方してもらえるので、
皮膚科での診察を受けるように
してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク