花粉症になりやすい人の原因!症状や時期は?治療方法や薬は?

花粉症で苦しんでいる人が周りに沢山います。

私は全く花粉症とは縁がないのですが、周りには本当に沢山います。

では、どんな人が花粉症になりやすいのでしょうか?

スポンサーリンク

花粉症になりやすい人

花粉症になりやすい人には、まず遺伝が関係しているそうです。


両親がスギ花粉症の子供は55%~60%、


片親だけが花粉症の場合は30%~50%、


両親ともに花粉症ではない場合でも10%~30%は花粉症になる可能性があります。

後は、アレルギー体質の人もなりやすいですね。


アトピー、食物アレルギー、小児喘息などアレルギー体質が強い人がかかりやすいです。

それと、生活習慣が乱れている人もかかりやすいです。


インスタントラーメン・インスタント食品・コンビニ弁当・ファーストフードお菓子などを食べている人はかかりやすいですね。

寝不足や不規則な生活をしている人はアレルギーを引き起こす原因になります。


ストレスもいけませんね。

都心に住んでいる人もかかりやすいと言われています。

都心だと、車の数が多いので車の排気ガスによる大気汚染も原因になります。

スポンサーリンク

症状や時期は

次期としては、ピークが2月~4月で、5月も注意が必要ですね。

季節としては、やはり春と秋ですね。

春は木本の花粉飛散量が凄く多くて、秋は草本の花粉飛散量が多いですよね。

症状としては


まずは、くしゃみですね。


くしゃみが続きます。


そして鼻水が出ます。


初めて花粉症にかかった人は風邪かと思います。


鼻づまりも凄いです。本当に寝ていて苦しいくらいです。


後は目のかゆみですね。


これが4大症状です。

風邪の場合は症状が1週間~2週間で治りますが、花粉症はシーズン中はずっと続きます。

鼻水も風邪の時の様な鼻水ではなく、水の様な鼻水が出ます。

スポンサーリンク

治療方法や薬は?

花粉症の治療には、やはり薬による治療が一番です。

薬によって症状を抑える対処をします。

くしゃみや鼻水に効果的なのが抗ヒスタミン薬、免疫関係のマスト細胞安定薬、鼻づまりを抑える抗ロイコトリエン薬があります。

これに目のかゆみがある場合は、点眼薬を使用して防ぎます。

最近では、鼻噴霧用ステロイド薬を使用すると、症状がひどくならないという報告があります。

薬による治療が効かない人の場合には、レーザー治療を行う場合があります。

鼻の中の粘膜をレーザーで焼いてアレルギー反応を起こすを減らして、軽減させます。

これは完全に治る訳ではないので、再発する場合があります。

レーザー治療は、花粉の時期の1カ月前までには行いましょう。

後は、舌下免疫療法という治療方法があります。

花粉のエキスをわざと体に取り込んで、花粉を体に馴染ませる方法です。

毎日花粉のエキスを舌に垂らしてアレルギー反応を抑えます。

これには2年から3年かかります。

スポンサーリンク

最後にまとめ

花粉症は本当にかかった人にしかわからない大変な症状です。

寝ている時に鼻が詰まって息苦しくて起きる人もいるそうです。

これでは次の日の仕事にも影響してしまいますね。

遺伝が関係しているという事はこれからも花粉症に悩まされる人は毎年増えて行きますね。

やはり薬で治療するのが一番の方法みたいですが、効果があると言われているのはまあ人によって体質が違いますから一概に言えませんが。


鼻噴霧用ステロイド薬を使用するのが一番効果がある、症状が酷くならないと言われていますね。

本当に花粉症の人を見ていると、あれでは仕事にならないなと思います。

常に鼻水が出ている状態ですから集中出来ませんよね。

少しでも、花粉症に困っている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク