月9ドラマシャーロックはリメイクって本当?原作やあらすじは!

ディーン・フジオカさん主演の「シャーロック」には原作があることをご存知ですか?

 

「シャーロック」は世界一有名なミステリー小説『シャーロック・ホームズ』を原作にしたミステリーエンターテインメントなんです!

 

小説を書いたのはあのアーサー・コナン・ドイルです。

 

私はシャーロックホームズが大好きで、原作も読みました!

 

スポンサーリンク

【月9ドラマシャーロックはリメイクって本当?】

ここで『リメイク』といっているのは、イギリスBBCの連続ドラマ『Sherlock』のリメイクではないか?ということです。

 

実は私はイギリス版の『Sherlock』も観ています!

 

こちらの主演はベネディクト・カンバーバッチで、ディーン・フジオカさんとはまた違ったシャーロックがとても魅力的です。

 

さて、リメイクって本当?についての答えですが、「リメイクではありません!」

こちらにツイートされているように、フジテレビの広報部より

 

『シャーロック』は『SHERLOCK』のリメイクではありません。

 

原作は小説の『シャーロック・ホームズ』シリーズであり、これを基に令和の東京を舞台にストーリーが展開します」

 

と回答がありました。

 

月9ドラマシャーロックは小説『シャーロック・ホームズ』を原作にディーン・フジオカさん(38)とEXILEの岩田剛典さん(30)が名探偵シャーロックと精神科医・ワトソンを演じたドラマです。

 

でも出演者の名前も原作の小説と少し寄せていますし、誉獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮潤一(岩田剛典)が一緒に暮らすアパートも「ベイカーハイツ」とイギリスロンドンの舞台ベイカー街を連想させているんですよ。

 

スポンサーリンク

【ドラマシャーロックの原作やあらすじは!】

 

原作はアーサー・コナン・ドイルが書いた『シャーロック・ホームズシリーズ』です。

 

原作に登場する人物はこちらの通りです。

 

シャーロック・ホームズ : 誉獅子雄(ほまれ ししお)※ディーン・フジオカ

 

ワトソン : 若宮潤一(わかみや じゅんいち)※岩田剛典

 

レストレード警部 : 江藤礼二(えとう れいじ)※佐々木蔵之介

 

グレグスン警部 : 小暮クミコ(こぐれ くみこ)※山田真歩

 

ベイカー街遊撃隊 : レオ ※ ゆうたろう

 

ジェームズ・モリアーティ : 守谷壬三(もりや じんぞう)※こちらの正体はまだ不明です!

 

原作のシャーロック・ホームズは1887年から1927年にかけて、実に60編(長編4、短編56)も発表されているんです。

 

登場人物は上記したシャーロック・ホームズとワトソン博士を中心に、さまざまな事件を解決していくといった推理小説です。

 

原作の『シャーロック・ホームズシリーズ』は有名なので、聞いたことがある方はたくさんいると思いますが、なかなか原作を全部読んだ方はいないのではないでしょうか?

 

私も全作は制覇できていません。

 

海外の原作を読むと、なかなか名前が入ってこないなんてことはありませんか?

 

外国名は日本人にとってはあまり馴染みがないので覚えにくいんですよね。

 

なので原作のシャーロック・ホームズを読んでみたい方には、まず短編集から読むことをお勧めします。

 

一番有名な『シャーロック・ホームズの冒険』などいかがでしょうか。

 

では月9ドラマシャーロックのあらすじをご紹介します。

 

誉獅子雄(ディーン・フジオカ)はフリーランスの犯罪捜査専門のコンサルタント、と自称していますがわかりやすくいえば探偵です

 

捜査1課の江藤警部(佐々木蔵之介)が手に負えない事件を持ってきたり、個々のクライアントから舞い込んでくる調査依頼の中から、自分が興味のあるものだけを引き受けるという自由気ままな探偵なのです

 

ある事件に巻き込まれ職を失った精神科医の若宮潤一(岩田剛典)の家に転がり込み、勝手に若宮を助手扱いしていますが、誉のその能力にどんどん惹かれ、放っておけなくなっていく若宮はいつも優秀なアシスタントとして2人で難事件を解決していくというストーリーです

 

最近では江藤警部が持ち込んでくる事件に興味を示さない誉に対して何とか興味を持たせようと、若宮と江藤警部が芝居がかった話しぶりでなんとか誉を巻き込むといった事件も少なくありませんが。

 

登場人物は原作に忠実に再現されています。

 

レオ(ゆうたろう)の調査能力も見どころいっぱいです

 

天才の誉とナイーブな若宮の2人が毎回事件を解決していきますが、どの事件にも裏には「守谷壬三」という謎の男がかかわっています。

 

果たして誉と若宮は守谷を捕まえることができるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

【まとめ】

 

月9ドラマのシャーロックはリメイクではなく、アーサー・コナン・ドイルが生んだ原作の魅力をそのままに、令和で“顔面最強、内面最狂!?”の誉獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮潤一(岩田剛典)がバディを組んで難事件を解決していくというドラマです。

 

登場人物などは小説に忠実に描かれていて、このドラマを観てから改めて原作のシャーロック・ホームズを読むとまた面白いと思います。

 

私はドラマシャーロックが大好きなので、誉獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮潤一(岩田剛典)でまた続きが見られることを期待しています!

 

スポンサーリンク