眼鏡のフレームで人気の40代女性向けを紹介!若く魅える色は?

眼鏡は視力を補助するだけのものではなく、
「ファッションの一部」
としても掛ける人が
多くなってきています。
 

眼鏡1つで印象がガラッと変わってしまい、
さらにはアンチエイジング効果も
狙う事ができ若く見せる事も
できるアイテムであると
話題になっています。

 

今回はそんな眼鏡のフレームで
40代の女性に人気のものや、
若く魅える色などに
スポットライトをあてて
ご紹介していきたいと思います。


 

眼鏡のフレームで人気の40代女性向けを紹介!

 

本当に自分にあった眼鏡を選べば、
たった一瞬で時間をかけた
スキンケアやメイクアップを
したかのような効果をもたらして
くれるアイテムになると
言われています。

 

そこで、
40歳代の女性へおススメする、
メガネのフレームや位置取り
などからご紹介をして
いきたいと思います。
 

・眼鏡の位置取り

 

眼鏡のレンズの中心より、
黒目がほんの少し、
2mmほど上にあるというのが
ベストなバランスだそうで、

メガネが下がって黒目が
フレームの上にあるような
状態はダメということです。
 

・眼鏡の縦幅の目安

 

眼鏡のフレームの上から
顎の先までの距離を3等分に
した長さが眼鏡の縦幅に
ちょうどいいという事です。

 

つまり、
顎の先から眼鏡を3つ並べられる
くらいの縦幅の眼鏡が
ちょうどいいという事ですね。
 

・眼鏡の横幅の目安

 

眼鏡の横幅も顔のサイズと
同じでいいのでは?
と思っていましたが違うようで、
レンズの横幅が広すぎると、
瞳が真ん中にこないのですが
これだと目が寄って
見えてしまうのです。
 

反対に眼鏡の横幅が狭すぎると
目が離れて見えるのでこれもNG、
レンズではなく、
フレームの横幅が顔の横幅に
近いくらいの眼鏡が
ちょうどよいバランスになります。

 

・顔形による眼鏡の選び方

 

顔形とは逆の印象のフレームを
選ぶといいというのが
一般的によく言われる
似合うフレームの選び方になります。
 

丸顔…シャープな印象のフレーム
 

面長…丸みのあるフレーム
 

三角顔…縦幅が狭いフレーム
 

四角顔…セルフレームで顔を引き締めるフレーム
 

これらが基本的なそれぞれの
顔形に合わせたフレームの
選び方になりますが
「正しい位置で掛ける」、

「自分の顔のサイズにあうフレームを選ぶ」
というポイントをおさえて
おけばどんな形も似合います。


 

スポンサーリンク

若く魅える色は!

眼鏡のフレームの色は髪の色との
相性を考えて決定する事が
基本とされています。
 

髪が黒など暗めの色…
黒や濃いめのブラウンなど

髪が明るい茶色…
明るめカラーのメガネ
 

白髪…なんでもOK
 

他にもパーソナルカラーを元に
選ぶ方法も良いとされています。
 

パーソナルカラーとは
自分に合う肌の色や、
髪の色、瞳の色、
顔立ちに最も調和する色の事で
その人自身の魅力を
最大限に引き出してくれます。

 

また、
春夏秋冬など4つの季節から
カラーパレットの
グループに分類されており、
その季節にちょうどいい
フレーム色を選ぶ指標となります。
 

逆にフレームなしや、
透明なフレームは40歳代の
女性には地味すぎる近視や、

老眼鏡になると不自然に
目が小さく見えたり
大きくなったり見えてしまいます。
 

ハーフリムも知的な印象を
受ける人気のフレームですが、
40歳代には少し地味すぎたり
かたい印象になり
すぎるようですが、

ビジネスシーンやきちんと
見せたい時には
ぴったりのフレームになります。
 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回の記事を簡単にまとめ
させていただきたいと思います。
 

・眼鏡はそのフレームの位置や 
 正しい着け方を行うことが大切。

・髪の毛の色とフレームの相性を 
 目安に選ぶこともOK。

・パーソナルカラーを取り入れる 
 事でさらに自身にあった 
 眼鏡を選ぶことが出来ます。
 

眼鏡を正しく身に着ける事で
アンチエイジングにもつながる
という事がいわれており、

実際に似合う眼鏡をかけている
人は自然で魅力的に見えますもんね。
 

いろいろなセルフ診断の
方法もあるそうなので、
そういったものも活用してみて
オシャレアイテムとしての
メガネを楽しんでいきたいと思います。

スポンサーリンク