眼鏡の選び方で男の40代が似合うのは?普段使いで調べてみました

40代になると視力の衰えから
眼鏡やコンタクトレンズを使用する
方も多いと思います。
 
 
確かに視力の補助という
観点からも眼鏡や
コンタクトレンズは
有用ですがそれ以外でも
「ファッション」として
使用する人も増えてきています。

 

特に眼鏡は男性にとって
女性のメイクと同じくらいに
自らを装飾してくれ、

知的な印象やカジュアルでの
温かみのある雰囲気など
自身のイメージや雰囲気を
ガラッと変えてくれる
アイテムです。
 

しかし、
自分にとって合う眼鏡とは
そのようなものなのでしょうか?
 

今回は、
40代男性にスポットライトを当てて、
普段使いにちょうどいい
眼鏡の選び方や40代男性が
似合う眼鏡などを
ご紹介していきたいと思います。


 

眼鏡の選び方で男の40代が似合うのは?

眼鏡が自分にあっているかどうかは、
顔形が影響しています。
 

それぞれの顔形によって
似合う眼鏡が違ってくるので
眼鏡選びの際には
重要な項目になります。
 

・丸顔

丸顔の方は、
直線的なラインのフレームを
選ぶと効果的です。
 

また、
ぽってりとしたフレームだと
丸顔の印象をより強めてしまうので、

直線的でシャープなリムのものを
選ぶことをお勧めいたします。
 

・面長

面長な印象をやわらげたい方は、
メガネの天地幅を広く
とるように意識すると、

相対的に顔の立て幅を抑えて
見せる事ができます。
 

また、
フォックス型やウェリントン型で
少し角の要素を足してあげると、
引き締まった印象に
まとまるのでお勧めです。

 

・四角顔

四角顔の印象をやわらげたい人は、
角の取れたオーバルや
ボストン型のメガネを選ぶ
ことをおススメします。
 

このタイプは顔の大きさに
悩んでいる人も
天地幅を広くとり、

メガネを大きめにみせる
ことをおススメします。
 

・逆三角

スッととがった顎がシャープな
印象を与える逆三角顔の方は
キツめの印象に悩んでいるなら、

スクエアやウェリントンなどの
四角型フレームで角を
強調するのはマイナス効果です。
 

細めのオーバルやボストンなどで
丸みを足してあげる事を
おススメ致します。


 

スポンサーリンク

普段使いで調べてみました

 

眼鏡を選ぶ際には、
服との相性も重要になります。
 

とくに気を付けたいのが、
自分が普段メインとしている
着こなしテイストに
合うのかどうか?
という事も大事になります。

 

眼鏡そのものの良し悪しを
考えるのも大切ですが、

自分が良く着る服に
合わせたらどうなるか
というのもきちんと
イメージしてから買うように
しなければなりません。
 

・セットアップスタイル

 

セットアップスタイルの
コーデには、
繊細なフレームのボストン型
眼鏡を合わせると少し洒落た
印象を受けるセットアップが
眼鏡により知的な印象となります。
 

・ミニマルスタイル

 

シンプルなミニマルスタイルの
コーデには、
太い黒ぶち眼鏡が絶妙な
アクセントとなって
印象づけることが出来ます。

より知的なアクセントとなって
整ったコーデになります。
 

・ストリートスタイル

 

MA-1などを合わせた
ストリート色の強いコーデには、
ハードめなウェリントン型
などではなくラウンド型の
メガネを合わせる事で
知的で高感度な雰囲気を
与えることが出来ます。
 

・ビジネスシーン

 

黒かネイビーのスーツに
似合う眼鏡のフレーム色は黒、
シルバー、茶色、ネイビーを
基本として選ぶことを
おススメ致します。
 

形もスクエア、
バレル、
ボストン、
そしてフレームの形状は、
アンダーリム以外なら
比較的自然な
組み合わせとなります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事を簡単に
まとめさせていただきます。
 

・眼鏡を合わせる場合 
 には顔形が重要、 
 顔形に合った眼鏡を 
 選ぶことが基本です。
 
・さまざまファッションコーデに 
 合う眼鏡があり、 
 あえて外すことも
 テクニックの1つ。
 
・顔型だけではなく、 
 どのような服を着るかによっても 
 考える必要があります。

 

眼鏡を新調する場合や、
ファッション眼鏡を選ぶ場合にも
まず正面だけの雰囲気
だけではなく横顔、
斜めからの角度、全体、
服装との相性など様々な
観点からみて決める事を
おススメ致します。

スポンサーリンク