そばかすを消す方法はレーザー治療?他のやり方や塗り薬はある?

「幼く見えてしまう・・・」とか
「肌が汚いように思われてしまう・・・」
といった、

そばかすで悩まれている人も
少なくないのではないでしょうか。
 

美白化粧品で隠し続けるのも大変です。
そんな、
悩みの種となるそばかすを消す方法
についてまとめてみました。

 

レーザー治療やその他のやり方、
塗り薬などを中心に記載しています。


 

そばかすを消す方法はレーザー治療?

そばかす消す方法として、
レーザー治療は効果的です。
 

「そばかすを消したいけど不安・・・」
といった人も少なくないのでは
ないでしょうか。
 

そばかす(雀卵斑)は、
直径3.5mm程の小さな色素斑で、
頬や鼻周りを中心に
散らばるようにできます。

 

色白の人が特に目だって
しまうこともあります。
 

主に、
幼少期~思春期にできると
言われています。

 

そばかすの原因は、
現在のところ多くが
遺伝性だと言われています。
 

はっきりした原因は
わかっておらず、
体質的なことが大きいと
言われています。
 

そのため、
親にそばかすがある(あった)人は、
できる人が多いようです。

 

しかし、
親にそばかすがあるからといって、
必ずしも子供にそばかすが
できるわけではないとのことです。
 

このそばかすを消す方法として
レーザー治療がありますが、
美容クリニックでレーザーを
照射することで治療する方法となります。

 

レーザーを当てるだけで、
浅い箇所や深い箇所のシミや
そばかすを消す効果が期待できます。
 

シミやそばかすなどのメラニン色素を
含む組織を熱破壊することで、
老人性色素斑(シミ)、
雀卵斑(そばかす)、
光線性花弁状色素斑などを
治療し消します。

 

しっかりと効果を感じることができます。
 

レーザー治療はメラニン色素の
細胞のみに反応させて治療するため、
皮膚へのダメージは少なく
抑えることが可能になっています。
 

また、
レーザー治療では、
シミやそばかすの大きさや濃さに
応じてパワーを調整することができます。
 

そばかすの範囲や濃さによって
レーザー治療の施術回数や
効果も異なり、
まちまちとなります。

 

スポンサーリンク

他のやり方や塗り薬はある?

 

そばかすの治療には
レーザー治療以外にも、
他のやり方や塗り薬があります。
 

他のやり方として、
光治療が挙げられます。
 

光治療は、
レーザー治療に比べて皮膚への
負担が少ないと言われています。

 

そばかすはシミと違い、
広範囲に広がっています。
 

そのため、
広範囲に照射可能なIPL光治療が
おすすめとも言われています。

 

また、
そばかすはシミのように
ピンポイントで照射する
治療法ではないので、

フォトフェイシャル、
オーロラ、
フォトフェイシャルM22、
BBLなどのIPL光治療が
おすすめとなります。
 

ハイドロキノン&トレチノインクリーム
などの塗り薬もあります。

 

皮膚科などで処方してもらう塗り薬です。
 

塗り薬以外の他のやり方には、
美白クリームでそばかすを
目立たなくするといった
方法もあります。

 

治療ではありませんが、
目立たなくする改善策と
言えるのではないでしょうか。
 

そばかすの原因には、
紫外線やストレス、
ホルモンバランスの
乱れなども挙げられます。

 

ホルモンの変化による乱れが原因で
メラニン色素が沈着し、
そばかすが増えることがあります。
 

シミは色素沈着によって
できるので、
肌のターンオーバー28日を促し、

代謝を活発化させることで
肌の角質層に色素を沈着
させないようにします。
 

メラニンの定着を防ぐ
ビタミンCをしっかり摂取したり、
肌のターンオーバーを促す
ビタミンEをしっかり取るように
すると改善の効果が期待できます。

 

紫外線の浴び過ぎや誤った
スキンケア(過度の摩擦)
なども原因になります。
 

紫外線の影響を受けないように
日焼け止めの使用も欠かせません。
 

日頃から、
生活習慣も含め、
他のやり方に気をつけることが大切です。
 

そばかすの治療はレーザー治療
だけではありません。
 

他のやり方や塗り薬もあるので、
ご自身のライフスタイルに合った
方法で治療するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

そばかすを消す方法として
レーザー治療はおすすめの
方法となります。
 

レーザー治療は痛みも少なく、
短時間で施術を受ける
ことができます。
 

麻酔をしっかり行なって
施術するので、
痛みに弱い人でも安心して
受けることができます。

 

ただ、
そばかすを薄める方法には、
他のやり方や塗り薬などもあります。

 

そばかすの濃さや
予算などを考慮して、
ご自分に合った方法を
選択するようにしましょう。

スポンサーリンク