足がつる時の対処法は?改善策で食べ物とかは関係ある!

寝ている時、
急に足がつって「イタタタタ!!」と
目を覚ますことはありませんか?

せっかくグッスリと眠っているのに、
なぜ急に足がつるのでしょうか?
目覚め悪いですよね。

そんな時はなるべく早く治してまた寝たいものです。

それでは足がつったときの対処法や、
改善策について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

足がつるってどうして?

足のつり(こむらがえり)は、
神経伝達の不調で起こる筋肉の強い収縮なのです。

※(こむらがえり)とは、
ふくらはぎの筋肉が急にけいれんを起こして
激しい痛みのでることです

・原因1 運動による水分やエネルギー不足
・原因2 体の冷えによる筋肉の緊張
・原因3 加齢による筋肉の衰え
・原因4 冷えている(血流障害)
・原因5 栄養不足
・原因6 筋肉の疲労
・原因7 薬の副作用

このような事が、
「足がつる」原因になっていると考えられます。

では、
実際に足がつってしまったときどうしたらいいか?

足がつる時の対処法についてご紹介します。

足がつってしまった時の対処方法

まずは症状がでないようにするために、
原因となる病気の治療や服用している薬の
変更などで対処できるかを確認しましょう。

繰り返し足がつる場合、
原因となる病気があるかもしれないので、
かかりつけの医師に相談してください。

服用している薬についても
相談してみることをお勧めします。

1.体の力を抜く
急に起こるので緊張してしまいますが、
けいれんした足をリラックスさせましょう。

2.ラクな角度を見つける
痛くない角度を探ってください。

3.ゆっくりストレッチ
ラクな角度をみつけたら、
ゆっくりとストレッチをしてください。

脳への伸長ストッパーの伝達機能を
向上させて急な収縮を止めてくれます。

4.足首をまわす
筋肉の緊張状態をほぐすために
足の力を抜き足首を回します。

5.膝を立てて寝る
足を伸ばしたままでは同じことが
起こってしまう可能性があるので、
足を伸ばさないようクッションなどを膝に挟み、
足が伸びきらないようにして寝ましょう。

こんなストレッチも効果的ですので参考にしてくださいね。

就寝中につる場合は自律神経のバランスが
くずれている場合があります。

まずはゆっくりと腹式呼吸をしてリラックスをし、
適度な水分摂取をしてみてください。

体が冷えるとかえっていけないので、
私は白湯を飲むことをお勧めします。

白湯とは水道水を沸騰させたものを
50~60度ぐらいに冷ましたものです。

寝る前に作っておき、
保温効果のあるポットや水筒に入れておくと万全ですね!

足がつらずに眠れた場合は、
朝起きてすぐにゆっくりと白湯を飲むことで
寝ている間の水分不足の補給にもなり、
内臓の温度を上げるのでとっても体にいいですよ。

足がつったとき、
やってはいけないことがありますので
気を付けてください!

「足がつったときにやってはいけないことは、
やみくもに揉んだり動かしたりすることです。

足つりは急に起こるので、
パニックになりがちですが、
急な筋収縮に対し、
急に動かすのは危険です」

急な痛みで慌てて動いてしまいがちですが、
ゆっくりと落ち着いて対処すべきだそうです。

スポンサーリンク

改善策で食べ物とかは関係ある?!

足がつる原因のひとつに「カリウム不足」があります。

カリウムが不足すると、
運動時に足がつる、
筋肉のけいれんを起こす原因にもなります。

運動による発汗量が多い時にはカリウム補給を
することで予防することができます。
野菜や果物を十分に食べましょう。

☆運動時のカリウム補給に適している物

・バナナ・みかん

・ドライフルーツ(保存・持ち歩きに便利):
プルーン・レーズン・イチジク・マンゴーなど

・スポーツドリンク
持ち歩きには不便かもしれませんが、
トマトもカリウムを多く含む野菜です。

カリウムだけでなく、
ナトリウムもきちんと補給しなければなりません。

ナトリウムは汗や尿で体外に
排出されてしまうので、
夏場は特に注意が必要です。

足がつらないための予防策

「なんか足がつりそうだなぁ」と思ったら、
早めの予防策をとりましょう。

予防策1:足湯

足裏にはたくさんのツボがあるので温める
ことで刺激になり、
足元だけの足湯でも体全体が温まります

予防策2:ストレッチ

寝る前に、
足首を向こう側へ倒したり手前に
曲げたりと数回ゆっくり繰り返しましょう

予防策3:締め付けないレッグウォーマー

靴下だと締め付けが割と強くかえって血行を
悪くしてしまうこともあるので、
ふんわりと包み込むレッグウォーマーで
足首をひえから守りましょう

予防策4:就寝前の1杯のスポーツドリンク(常温)

冷えないように必ず常温のものを
ゆっくりと1口ずつ飲み、
水分と栄養分を補給しましょう

まとめ

足がつるのは辛いことですよね。
突然の強い痛み、
足が自分の思うように動かなくなる・・・
就寝時もですが、
日常でも突然なりますよね。

運転中になったら本当に危険です。
パニックになるのは当たり前ですが、
深呼吸・腹式呼吸をしてまずは落ち着きましょう。

日ごろから意識することで防げる場合もあります。
適度な運動・ストレッチ・冷え対策(入浴や飲食)・
水分補給・寝不足をなくす・
バランスのいい食事をするなど、
足がつりにくい体質にすることを心がけましょう。

スポンサーリンク