ラグビーワールドカップ2019の対戦会場と出場国

ラグビーワールドカップ2019とは?

ラグビーワールドカップ2019とは、ラグビーユニット(ラグビー)のナショナルチームの世界一を決定する世界選手権大会の事です。

第一回は1987年に開催され、4年ごとに開催されている夏季オリンピック、FIFAワールドカップと並ぶ世界3大スポーツイベントです。

2019年の開催で9回目を数えます、2015年には約240万人のファンがスタジアムを訪れ、40億を超える人々がテレビ放映で熱狂したラグビーの祭典になります。

過去8大会には数々の伝説が残されており、2019年の開催にもラグビーだけに留まらず、世界のスポーツ史に残る伝説が生まれることが期待されています。

そして、なんとラグビーワ-ルドカップ2019ではアジア初の開催を日本で行うことが決定しました。

アジア初の開催という意味はとても深く、ラグビーというスポーツを真に世界に広めるための第一歩という歴史的瞬間の舞台となるのがこの日本でとても誇り高い出来事といえます。

スポンサードリンク

ラグビーワールドカップ2019出場国は?

ラグビーワールドカップ2019の出場国は、各大陸での予選を勝ち上がった20か国が世界一を目指し対戦する事になります。

予選枠は2015年イングランド大会の各プール戦にて上位3位に入ったチーム(合計12か国)が予選を免除され、残る8チームの出場権を各大陸ごとの地区予選、またはプレーオフや敗者復活予選にて決定しました。

今回の出場国がこちら

プールA

アイルランド

・2015年開催大会ではベスト8、世界ランクは3位になります。

スコットランド

・2015年大会ではベスト8、世界ランキングは7位です。

日本

・2015年大会ではプール戦敗退を喫しましたが3勝しています、世界ランキングは11位です。

ロシア

・2015年大会は不出場で世界ランクは20位です。

サモア

・2015年大会ではプール戦1勝、世界ランクは17位です。

プールB

ニュージーランド

・2015年大会での優勝国で、世界ランク1位の強豪国です。

南アフリカ

・2015年大会では3位、世界ランキングは5位です。

イタリア

・2015年ではプール戦2勝、世界ランクは14位です。

ナミビア

・2015年大会ではプール戦2勝、世界ランク23位です。

カナダ

・2015年大会ではプール戦0勝、世界ランク21位です。

プールC

イングランド

・2015年大会では、プール戦2勝で、世界ランクは4位です。

フランス

・2015年大会では、ベスト8に入り、世界ランクは8位です。

アルゼンチン

・2015年大会では4位、世界ランキングは10位です。

アメリカ

・2015年大会では、プール戦0勝、世界ランクは15位です。

トンガ

・2015年大会ではプール戦1勝、世界ランク13位です。

プールD

オーストラリア

・2015年大会では準優勝、世界ランキングは6位です。

ウェールズ

・2015年大会ではベスト8、世界ランクは2位です。

ジョージア

・2015年大会ではプール戦2勝、世界ランクは12位です。

フィジー

・2015年大会ではプール戦1勝、世界ランクは9位です。

ウルグアイ

・2015年大会ではプール戦0勝、世界ランクは16位です。

スポンサードリンク

ラグビーワールドカップ2019対戦会場は?

初のアジア開催の舞台となる日本その試合が行われる会場は

札幌:札幌ドーム

釜石:釜石鵜住居復興スタジアム

熊谷:熊谷ラグビー場

調布:味の素スタジアム

横浜:日産スタジアム

袋井:エコパスタジアム

豊田:豊田スタジアム

東大阪:東大阪市花園ラグビー場

神戸:ノエビアスタジアム

福岡:レベルファイブスタジアム

大分:大分銀行ドーム

熊本:えがお健康スタジアム

中でも日本戦が行われる会場は、東京、静岡(袋井)、豊田、横浜になります。

準々決勝は大分、東京で4試合行われ、準決勝は横浜で2試合、3位決定戦は東京、決勝は横浜で行われることが予定されています。

スポンサードリンク