2018年6月14日からロシアW杯(ワールドカップ)が開催されます。

4年に1度しか開催されない大イベントですので、サッカーファンにとっては早くも開催が待ち遠しいです!

また、日本は今回で6大会連続の6度目の出場となるのですが、長い低迷が続いたほか、大会直前での監督交代という異例の事態が起き、かなりの危機的状況に陥っていますね。

この記事では、ワールドカップ2018の組み合わせ・日本の順位予想・試合日程についてご紹介していきます!



スポンサードリンク



ワールドカップ2018!組み合わせ!



ロシアワールドカップ 2018・組み合わせは下記の通りです。

『グループA』
● ロシア
● エジプト
● サウジアラビア
● ウルグアイ


『グループB』
● ポルトガル
● スペイン
● モロッコ
● イラン


『グループC』
● フランス
● オーストライリア
● ペルー
● デンマーク


『グループD』
● アルゼンチン
● アイスランド
● クロアチア
● ナイジェリア


『グループE』
● ブラジル
● スイス
● コスタリカ
● セルビア


『グループF』
● ドイツ
● メキシコ
● スウェーデン
● 韓国


『グループG』
● ベルギー
● パナマ
● チュニジア
● イングランド


『グループH』
● ポーランド
● セネガル
● コロンビア
● 日本



日本の順位予想!


記事冒頭でもお話ししましたが、現在日本は窮地にたたされています。

前日本代表監督・ハリルホジッチ氏が就任してから日本は思うような結果を残せず、W杯残り2ヶ月という時期に異例の監督交代という決断を下しました。

新監督・西野朗氏が監督に就任するも状況は変わらず、多くのファンは苛立ちや不安を募らせているのが現状です。

私の持論と一般的な順位予想に基づいた考えなのですが、ロシアW杯での日本順位はおそらく『グループリーグ敗退』という結果になるでしょう。

長い間、日本代表の2大エースとして活躍してきた本田圭佑と香川真司も全盛期を過ぎ、以前のような目立った活躍はできず、その他の若手選手もこれといって活躍はしていません。

宇佐美貴史や柴崎岳といった天才と謳われた選手もいますが、国内では天才として扱われても、世界に目を向けると凡人レベルの選手だと思います。

これは、私の持論なのですが、戦術以前に個人のスキル(レベル)が圧倒的に低過ぎます。

強豪国の試合を見ると組織の力はもちろん、個人の力で局面を打開できる選手が2〜3人はいるものです。

日本はそれに近い選手はいても、完全に個人の力で局面を打開できる選手はいないと思います。

本田圭佑選手はワールドカップ優勝を公言していますが、日本がW杯を優勝するためにはアジアレベルのチーム相手には圧倒的な力で勝たないと話になりません。

ブラジルW杯から4年が過ぎ、なんの上積みも感じれないままロシアW杯を迎え、レベルアップどころか逆にレベルが下がったのでは?と個人的には思っています。

また、W杯を想定した親善試合では3連敗という結果に終わり、残り1試合(パラグアイ戦)残っていますが、あまり期待していません。

今の現状からすると、日本はグループリーグ3連敗という結果で幕を閉じるのではないでしょうか。

日本代表を応援しているファンの方には申し訳ないのですが、今の現状と私の考えを書かせて頂きました。

しかし、矛盾してる言い方ですが、サッカーは何があるか分からないスポーツです。

現に弱小国が強豪国に勝つこともありますし、日本がブラジルやフランス・ベルギーに勝った事例だってあります。

8年前の南アフリカW杯のときも現在と同じような危機的状況で、グループリーグ突破は無理だろうと囁かれていましたが、2勝1敗で見事グループリーグを突破し決勝トーナメントに駒を進めました。

上記のように、サッカーは結果を覆すこともあるため、日本代表にはいい意味で結果を裏切って欲しいですね。