英ロールス・ロイスは2018年5月10日、ロールス・ロイス初のSUV「カリナン」を発表しました。

ロールス・ロイスからSUVが登場するなんて想像も出来ませんでした。



スポンサードリンク



ロールスロイス初のSUVが登場

ロールス・ロイスは本当に超お金持ちが後部座席に乗って自分では運転しない車です。

そのロールス・ロイスがSUVを発表したという事は、自分で運転する人も対象という事でしょう。
画像を見るまでどんな車なのか想像出来ませんでしたが、結構かっこいいです。


名前のカリナンも良い名前ですよね。
今回のSUVはファミリー向けだそうです。

こんな車を買ってくれる父親を持つ子供は羨ましいですね。
最近はベンツやポルシェもSUVを出しています。
世界的にSUVが人気ですよね。

ただまさかロールス・ロイスがSUVを発表するとは想像出来ませんでした。

そしてカリナンは、2ボックス型ではなく、3ボックス型だそうです。
サイズは全長×全幅×全高=5341×2164×1835mmで、ホイールベースは3295mm。


後部座席は、3人掛けのベンチシートと2人掛けの個人シートがあるらしいです。
ベンチシートは折り畳み機能が備わっていて、積載容量を1930リッターまで拡大する事が出来ます。
凄いですね。



パワーユニットは、最高出力571ps/5000rpm、最大トルク850Nm/1600rpmを発生する6.75リッター12気筒ツインターボエンジン。
燃費は15リッター/100km(約6.7km/リッター)でこのクラスの中ではかなり燃費も良い感じです。


ロールス・ロイスで初めて、4WDに対応したみたいです。
エアサスペンションが採用されており、あらゆる道に対応できるようしてあるみたいです。


これは多分今までのロールス・ロイスユーザーだけではなくもう少し下層階級の人とかも対象にして気がします。
ロールス・ロイスというとやはり若い人は乗らないというイメージですが、若い人も興味を持つ様に作られていますよ。

スポンサードリンク



値段は?日本での発売は?

では、これだけ備わったこのカリナンの値段はいったいいくらなのでしょうか?
英国におけるカリナンの値段は3100万円だそうです。


そんなビックリするほどの値段じゃない所も本気を感じますね。
やはり若い人を対象にしている気がします。

日本だと4000万円を超えてくるかもしれませんね。

日本では発売されるかが気になりますが、2018年の6月には披露されるみたいです。
ですので日本でも販売されるでしょう。


最後にまとめ

今回のロールス・ロイスのSUVカリナンを街で走っている姿を早くみたいです。
多分結構人気が出て売れる気がするのは僕だけでしょうか?


世の中にはお金持ちが沢山います。
私の周りには居ませんが、お金持ちの周りにはお金持ちが沢山います。

きっと内装の凄いと思いますね。
私には買えませんが、一度でいいから乗ってみたいですね。


早く街中を走っているカリナンをみたいです。