今回のバーゼルワールド2018で、新作モデルGMTマスターⅡが発表されました。

以前のGMTマスターⅡと言えば、ブラックベゼル、ブルー×レッドベゼル、ブラック×レッドベゼルでした。
しかしベゼルがセラミックになってからは、最初にブラックベゼルが登場して、次にブラック×ブルーベゼルが登場しました。

では、今回の新作はどんなベゼルになっていて、何か変更はあったのでしょうか?

2018新作モデルGMTマスターⅡ詳細

バーゼルワールド2018で、新作モデルGMTマスターⅡが発表されました。

私の大好きなGMTマスターⅡの新作モデルが登場しました。

なんと今回は今まで定番のレッド×ブルーベゼルです。
石原裕次郎がGMTマスターⅡのレッド×ブルーベゼルをしていたのが有名ですが、レッド×ブルーベゼルは昔から根強い人気ですよね。

今回は、オイスタースチール製モデルにジュビリーブレスレットが採用されています。
ジュビリーブレスレットはデイトジャストというイメージしかなかったですが、今回GMTマスターⅡで採用して来ましたね。


お金があれば是非購入したいモデルです。

スポンサードリンク



グローバルに活動する人が対象のGMTマスターⅡは、同時に2つの時刻を読む事が出来ます。
ロレックスは、正確で信頼性があり頑丈でとても機能性にも優れています。
今回のGMTマスターⅡは最新ムーブメントであるキャリバー3285を採用しています。
まずはオイスタースチール製でジュビリーブレスレットを装備しています。

セラミック製セラクロムインサートを備えていて、24 時間目盛り入りでレッド×ブルーのベゼルを採用しています。
そして回転ベゼルは両方向に回転します。
サブマリーナとかは片方向にした回転しませんが、このGMTマスターⅡは両方向にベゼルが回転します。

ラグとサイドのデザインも新しくなっています。

5列のジュビリーブレスレットが採用されているので、スポーツモデルですが、豪華さも兼ね備えています。

そんなGMTマスターⅡに今までにみた事もない本当に最高に素敵なモデルが誕生しました。


これはかなりの人気になると思います。
ただ値段は相当高額な気がしますね。

それが、オイスター、40 mm、オイスタースチール&エバーローズゴールドとオイスター、40 mm、エバーローズゴールドです。
GMTマスターⅡでは、今までで初めて18CTエバーローズゴールドが採用されました。
合金のエバーローズゴールドは若い人には少し違和感があるかもしれませんね。

金ではないですが、やはりちょっと目立ち過ぎる気がします。
年配の男性には凄く魅力的なモデルですね。

若い人には、オイスタースチール&エバーローズゴールドのコンビモデルが良いと思います。
私は絶対にこちらのオイスタースチール&エバーローズゴールドのコンビモデルが良いです。

ベゼルはブラック×新開発のブラウンを採用しています。
この新開発のブラウンがたまりません。

最高にかっこいいです。

是非見ているだけでも楽しくなるので皆さんもお店に見に行ってみて下さい。
百貨店などには多分置いてないので、一番はロレックス専門店のクオークさんが良いと思います。

購入しなくてもとても丁寧に親切に説明してくれますよ。
私は購入するなら絶対にクオークと決めています。

スポンサードリンク



画像

オイスタースチール製ジュビリーブレスレット

オイスタースチール&エバーローズゴールド


エバーローズゴールド


最後にまとめ

時計好きな方は沢山いると思います。

オメガ、タグホイヤー、セイコー、ブライトリング、ブルガリなど時計には沢山の種類があります。
私は人生で初めて購入した高額な時計はタグホイヤーでした。
凄く気に入って購入しました。

そして正直ロレックスはなんか地味であまり好きではありませんでした。
それが始めてGMTマスターⅡを購入したら、もう虜になりました。

地味と思っていたのが飽きが全く来ないのです。
本当に何時間も時計を眺めていられました。

ロレックスを一度購入するともうロレックスしか欲しくなくなりました。

ロレックスは本当にシンプルな感じがしますが、デザインに飽きが来ない洗礼されたデザインだと思います。

又お金を少しづつ貯めて、是非オイスタースチール&エバーローズゴールドを購入したです。