今回は、今話題の映画友罪の公開前に、少しあらすじとネタばれをおこなって行こうと思います。

この作品が公開されると決まってから凄く楽しみにしています。

この映画は映画64ロクヨンなどで知られる瀬々監督が手掛けます。

友罪の作者は、デビュー作で江戸川乱歩生賞を受賞した、薬丸岳さんです。
薬丸岳さんの作品は悪党が好きです。
今まではドラマ化はされた事はありますが、映画化は今回の友罪が初となるみたいです。


瀬々監督がどんな風にこの作品を映画で表現するかが凄く楽しみです。
64ロクヨンも観ましたが、私は好きな作品でした。



スポンサードリンク



あらすじ・ネタバレ


今回の映画の主人公の益田純一は、ジャーナリストを目指していました。
しかし夢は破れて川口の製作所に就職します。

同期の社員に鈴木秀人がいました。
同期の鈴木は陰気で暗く凄く無口で友達は出来ませんでした。
そんな鈴木は、職場でも気味悪い存在だった為にみなから嫌われていました。
嫌われていると言うより全く好かれていませんでした。

そんな中、益田だけは同期入社という事もあって鈴木と仲良くなって行きます。

そして職場で事務の藤沢がある出来事を鈴木が庇ってくれた事をきっかけに鈴木に好意を抱き始めます。

益田は元カノのアナウンサーから17年前に起きた事件の黒蛇神事件について話が聞きたいと相談を受けます。
その17年前の残虐な少年犯罪の事件を調べて行くうちに、同僚の鈴木が黒蛇神事件の犯人ではないかと伺い始めます。


この友罪という原作や映画のモデルになったのは、あの超残虐な事件の1997年に起こった神戸連続児童殺傷事件、いわゆる酒鬼薔薇聖斗事件です。
今でも鮮明に覚えています。
思い出しただけでも背筋が凍り着く気分です。


知らない人も多いかもしれませんが、世間を騒がせた残虐事件です。
犯人は14歳の中学生で今回の友罪との被りますね。
中学生にこんな事が出来るのかと衝撃を受けました。

本当に大騒ぎになった事件でした。
詳しく知りたい人はWIKIか検索して調べてみて下さい。

少年院に入って更生して素性を隠して何処かで暮らしている訳ですが、そんな部分もこの映画友罪と被りますよね。

簡単にはこんな感じのあらすじです。
もっと詳しく話してしまうとあらすじ・ネタバレというより完全なネタバレになってしまいます。

ある程度のあらすじがわかってるくらいで映画を観に行った方が楽しいですよね。
完全にネタバレしてる映画だと私は余り興味を持ちません。

あらすじもネタバレもこんな程度で・・・・・。

そんあ恐ろしい犯人が少年院に入って、いくら更生したとは言え、その事実をしってしまったらあなたは友達でいられますか?
ましてや好意をもってしまったら継続して好きでいられますかという事です。


私は冷たい様ですが、絶対に友達にもなれません。

そんな事をした人間が本当に更生なんて出来る訳がないんです。
また何かあったら同じ事をしますよ。

これほどの残虐な殺人事件を起こした犯人を一生刑務所から出しては行けないと思います。
日本の少年犯罪法にも考えさせられる作品だと思いますね。


人を殺めたら絶対に更生なんてさせてはいけないんです。
それはもう一生刑務所で過ごすと決めなくてはいけないと思います。

まあみなさんの考えは全く違うかもしれませんが、私は許せません。

スポンサードリンク



公開日とキャストは?

劇場公開日は2018年5月25日です。
本当はゴールデンウイークに公開して欲しかったです。
長期連休の時にゆっくり観たかった作品です。


キャストも良い個性派の役者さんが揃っています。

益田役を生田斗真、鈴木役を瑛太が演じます。
共演者には、佐藤浩市、夏帆、山本美月、富田靖子と豪華な顔ぶれが揃っていますね。


最後にまとめ

この映画は、1997年に起こった神戸連続児童殺傷事件、いわゆる酒鬼薔薇聖斗事件をモデルにはしていますが、実写ではないみたいです。

作者も少年犯罪に対する日本の法律について考えている作品の様に感じます。

日本は少年法は甘いと思いますね。
殺人を起こしても守られてしまいます。

もう中学生になったらなんでも解っていますよ。
物事の良い悪いもちゃんとわかっているはずです。

ましてや人を殺めたらいけないなんて誰が教えなくても理解していると思います。

少年法について考えさせられる作品だと思います。

是非興味がある方は、劇場に足を運んで下さい。