最近、首に激痛が走り、寝違えかなって思って放置していたのですが一向に改善されなくて整形外科に行って来ました。


スポンサードリンク



直ぐにレントゲンを撮られ診察して貰ったら、これはちょっと気になるからMRIを受けて下さいと言われ予約をしてMRIを撮って来ました。

なんと首のヘルニアだと言われました。
首にもヘルニアってあるんですよ。

また痛み止めを貰って、首の牽引をした方がいいと言われました。

何故かMRIを撮ってから首の痛みが和らいで来たので、また痛みが出たら通院しようと思っています。

その時に先生からぎっくり首っていうのがあるんですよって言われたんです。

ぎっくり腰は何回かやった事がありますし、周りの人でもぎっくり腰になったという話はたまに聞くので、ぎっくり腰は聞いた事がありますが、ぎっくり首というのは初めて聞きました。

最近ぎっくり首の患者さんが多いそうです。

そこでぎっくり首とはなんだと思い調べてみました。

急に激痛が走って首が動かなくなるらしいです。
めちゃくちゃ怖いですよね。

頸椎が捻挫する状態になるみたいです。
ぎっくり腰が首に出るのと同じですね。

交通事故などにあって突然症状が出るむち打ちとは違うみたいです。

首が炎症を起こして、異常なほど筋肉が硬直状態になるという事みたいですよ。

寝違えは、動かさなかったり、暫くすれば治りますが、ぎっくり首はちゃんと治療しないと治らないみたいです。

スポンサードリンク



まずいけないのが姿勢の悪い事だそうです。

デスクワークで首を前に出したり、猫背の状態を続けたりしているのが良くないみたいです。
私も一日中デスクワークなので凄く怖くなりました。

どうしてもパソコンをみていると前かがみになりますし、やはり猫背ですしね。
姿勢なんて良いと言われた事ないですし。

片脚に体重をかけて立っていたり、背中を丸めたり、脚を組んだりするのもよくないみたいで、日頃の姿勢って凄く大事なんですね。

まったく意識した事がなかったのでこれからは意識して姿勢をよくしましょう。

運動不足も駄目みたいです。
首だから運動不足なんて関係ないなんて思っちゃいますけどね。

ずっと同じ姿勢でいると筋肉が硬直してその時に何か首に衝撃があると筋繊維や腱、骨にまで影響があるんだとか。

それと枕も関係があるみたいなんです。

自分の首に合わない枕を使っていると、筋肉とか首の筋が硬くなってしまって自律神経の乱れを起こしてぎっくり首になってしまうみたいです。
首には自律神経が沢山あるそうですよ。

やはりどんな病気にも関係しますが、ストレスも駄目みたいです。
でもストレスがない人なんて現代の社会でいるのでしょうか?
誰でもストレスはありますよね。

寝不足も首の筋肉が硬くなるみたいです。
後は左右からの衝撃を受けるとぎっくり首になりやすいみたいですね。