今話題の映画、不能犯が公開されています。
主演の松坂桃李さんは良い人なのか、悪い人なのか気になりますね。


噂ではかなり不気味な役だと言われていますね。
どんな内容なのでしょうか?

スポンサードリンク



不能犯あらすじ

都会のど真ん中で次々と変死事件が起きます。
この変死事件の被害者を検死しても、ちゃんとした死因がわからなくて、証拠も何も出て来ないという内容です。
殺害現場で必ず目撃される黒いスーツの男がいます。
それが宇相吹正(松坂桃李)です。


SNSで電話ボックスの男というのが噂になっていたが、その噂の人物が宇相吹正(松坂桃李)だった。
ある電話ボックスに殺したい相手の殺人依頼を残しておくと宇相吹正(松坂桃李)が現れて、殺人依頼があった人物を殺してくれるという内容だ。


被害者の死因は、病死や事故や自殺などで宇相吹正(松坂桃李)が犯人だと言う証拠が全くない。
すべて不可能な犯罪(不能犯)だった。


そんな中色々な憎悪や嫉妬による恨みで彼の元に依頼が来る。

警察はその事実を掴み、宇相吹正(松坂桃李)の身柄を確保する。
取り調べを行うが、取り調べを行う物が彼に翻弄されて行く。
唯一彼にコントロールされないのが、女性刑事・多田友子(沢尻エリカ)だった。
それでも証拠がなく最後は釈放される。

本当に宇相吹正(松坂桃李)が殺人鬼なのか、依頼を受けて殺人を行っているか?
証拠も残さず不可解な殺人の謎。
彼は一体何者なのか?
彼は何を目的に動いているのか唯一、彼にコントロールされない沢尻エリカがどんな手を使って目的を見破るのか。
凄く楽しい映画になっています。


主演松坂桃李!キャスト

あらすじでもお話ししましたが、今回の不能犯で宇相吹正役の(松坂桃李)がとにかく不気味なんです。
こういう役をやらせても上手に演じてくれますね。
流石に主演ですね。


キャストは以下になります。

宇相吹正…松坂桃李
多田友子…沢尻エリカ
百々瀬麻雄… 新田真剣佑
川端タケル… 間宮祥太朗
赤井芳樹…テット・ワダ
若松亮平…菅谷哲也
前川夏海…岡崎紗絵
木村優…真野恵里菜
羽根田健 …忍成修吾
木島功…水上剣星

スポンサードリンク



作品は漫画の実写化

今回の映画、不能犯は「グランドジャンプ」に連載中の同名漫画が原作です。
今漫画の実写化が凄く多いですよね。
漫画と同じ面白さを実写化して同じ様に描くのは難しいと思います。


どうしても漫画とは少しかわってしまう個所が出てきますよね。
でも実際、漫画と違う、漫画のイメージが崩れたとか言われる事もありますが、実写でしか楽しめない事もあると思います。

漫画を見ていない人は実写が凄く楽しいと思うかもしれませんね。

でもやっぱり、不能犯という漫画を考えた原作者が凄いですよね。
映画を観ようと思っている人は、是非楽しんで見て下さい。

また時間があれば、映画をみた後に、漫画を読むと違いがわかってまた映画を観直したくなるかもしれませんよ。


最後にまとめ

今回の映画、不能犯は宇相吹正(松坂桃李)が依頼人の要望に答えて殺人を犯す、松坂桃李の相手をマインドコントロールする事と、何故そんな事をするのか、目的は何なのかが凄く映画の中では重要ですね。

唯一マインドコントロールされない女刑事の沢尻エリカとのやり取りも見どころだと思います。

原作は漫画ですが、漫画にはない映画だけの面白さにも期待したいですね。

そして映画を観終わったら、漫画も読んでみたいですね。

松坂桃李さんの不気味な演技に注目ですね。