メジャー球団のカブスからFAになっている上原浩治投手の移籍先が決まりません。
米FA市場の停滞でFA選手の移籍先が中々決まらない状況です。

上原浩治投手もそんな中の1人です。
上原浩治投手はどの様な決断を下すのでしょうか?
上原浩治投手の引退はあるのでしょうか?
今後の動きに注目です。

スポンサードリンク





日本球界への復帰はあるのか?

上原浩治投手ですが、以前はメジャーからのオファーがなければ引退すると言っていました。
日本球界には復帰する気持ちはないと言う事でしたね。

ですが、何カ月もトレーニングを積み重ねて来て、やはり自分は野球がやりたいこのまま引退はしたくないと思ったみたいです。

一度はメジャー契約がなければ引退と言ったのに、また野球が続けたいなんて嘘つきだと批判を浴びるかもしれないが、それでも野球がやりたいみたいですね。

メジャーからのオファーがあったとしても多分マイナー契約しかない可能性が高く、マイナー契約ならメジャーには残らないと言っています。

そこで上原投手は、日本球界への復帰を考えたそうです。
誘ってくださる球団があれば、そこに行くと言っています。
もう年齢は今年で43歳になりますが、まだまだ怪我さえなければやれる自信があるのだと思います。

今回日本復帰の可能性が出た事で、日本の球団から必ずオファーがあると思います。

オファーがなければ引退?

多分メジャーから上原投手にオファーがあったとしてもマイナー契約だと言われています。

前からメジャー契約じゃなければ引退と言っていましたけど、日本球団からの誘いがあればそこに行くと言った事を考えれば、日本球団からのオファーがなく、メジャーからマイナー契約からのオファーしかなかった場合に上原選手はどうするのか引退するのかそれともマイナー契約からメジャーを目指すのか注目です。

でも野球がやりたい、ボロボロになるまで、誘いがあるまで野球をやりたいと言うならば、マイナー契約だとしてもやって欲しいですね。

でも日本球団から絶対にオファーがあると思っているでしょう。
多分もう何処からか声はかかっていると思います。

日本の球団に移籍する可能性が凄く高いと思うので、引退はないでしょうね。