かっちゃんです。

女子パシュートで金メダルに輝いた高木美帆選手に報奨金の1600万円が贈られる事が発表されました。

日本オリンピック委員会(JOC)と日本スケート連盟から報奨金が支払われるそうです。

金メダルが500万円・銀メダルが200万円・銅メダルが100万円です。

スポンサードリンク



金メダルが500万円?高木美帆選手はいくら貰える?

この制度は92年のアルベールビル冬季五輪からスタートしました。
当時は金メダル300万円で銀メダルと銅メダルは今と同じでした。

16年のリオオリンピックから金メダルだけが200万円上乗せされて金メダルが500万円になりました。


今回、高木美帆選手は、金メダル・銀メダル・銅メダル全て取ったので日本オリンピック委員会(JOC)と日本スケート連盟からそれぞれ500万円+200万円+100万円とボーナスが出たので全て合わせて1600万円になります。

報奨金は妥当か?企業からも貰える?

まあ報奨金が出るのは当たり前だと思います。
日本オリンピック委員会(JOC)と日本スケート連盟の金額もそれなりに妥当な金額なのかなって思います。

ただ銀メダルと銅メダルは安い気がしますね。
銅メダルはメダルに輝いているのになんか評価が低い感じがします。

やはり金メダルを取らないと駄目なんでしょうね。
銀メダルは金メダル争いに負けて取るメダルだから余り嬉しく感じないのかもしれませんね。

ただ銀メダルももう少し報奨金を出してもいいと思います。

高木美帆選手は日体大助手なので多分そこから報奨金は出ないでしょう。

以前、昔谷亮子選手にはトヨタが報奨金1億円を払いました。
凄いですよね。
やはりそれくらいやって欲しいです。

スポンサーによってもかなり変わってしまいますね。
ですからスポンサーだけではなく報奨金を出す場所が、他にあると思います。

問題は金メダルだけでもいいから、国からメダリストに報奨金を支払うべきだと思います。

そう報奨金を出す場所とは日本です。


これだけ国の為に活躍したんです。
日の丸を一番高い場所に上げたのです。

国から報奨金を払いましょう。
しかも金メダルを獲得した選手には1億円は払って欲しいと思います。