現在、放送されているドラマが年末ということもあり、次々とクライマックスを迎えています。
多くの女優たちが活躍する中、特に目立ったのが「獣になれない私たち」(日本テレビ系)の新垣結衣と、「大恋愛~ぼくを忘れる君と」(TBS系)の戸田恵梨香の色気ある演技が話題を呼んでいます。



石原さとみがベッドシーンを演じて注目を浴びたことが記憶に残っています。
かつて、女子アナは、「30歳定年説」が囁かれていましたが、人気女優である彼女たちも、いよいよ30歳を迎えることから清純派からの脱皮を図っているように見て感じ取ることができます。



戸田恵梨香も大恋愛というドラマのコメントで「いままでにない私」と語っていましたが、30歳という年齢を迎えての脱皮を図る意味合いも込めてのコメントであったことは確かでしょう。



スポンサードリンク



女優にも30歳という壁は存在するのだろうか?

新垣結衣、戸田恵梨香、石原さとみという人気女優たちがそろって際どい演技に挑戦をしています。
新垣結衣のイメージと言えば、愛らしく可愛らしい笑顔がトレードマークの人気女優であり、特に2016年放送の「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)は社会現象化もしました。



ベッドシーンはなく、清純派というよりも潔白派という印象を与えました。
今期の「獣になれない私たち」でも何度も相手役の自宅に泊まりに行っては、どちらかが先に寝てしまうという場面が多くありましたが、先日放送の第9回では、リアリティあるベッドシーンを演じ、SNS上でも「ついに、ガッキーが!」という大反響を呼んでいます。


戸田恵梨香と言えば、兼ねてから個性的な役柄で、自信をしっかりと持てる「強い女」というイメージが強かったですよね。
「大恋愛」は、産婦人科という職業に就きながら、若年性アルツハイマーを患うという今までにない重たい内容となっています。



しかし、初回からムロツヨシを導いてベッドシーン、物語の後半において妊活とおぼしきイチャイチャ描写があり、今までの戸田らしくない役柄を演じながらも、視聴者の涙を誘っていることに変わりはありません。


石原さとみに関しては、同世代の女優の中では、色気を出した感もありましたが、直球なベッドシーンは少なくありませんでした。
しかし、「高嶺の花」(日本テレビ系)では、ベッドへ押し倒し、「あなたの最初で最後の女になる。
もしも裏切ったら、ちょん切るから」とまで言い放ち、かなり奔放な女性を演じていました。




スポンサードリンク



上戸や深田も30歳前後に脱皮

上戸彩や深田恭子も30歳前後に脱皮を図る為にベッドでの濡れ場シーンある作品に出演して、既存のイメージを破りました。
若手女優は、30歳を過ぎると既存のイメージを覆うため、ベッドシーンに挑戦するという流れが定着しつつあるようです。


上戸彩は、28歳の時に2014年、「昼顔」(フジテレビ系)でダブル不倫に溺れる人妻役を熱演し、それまでの元気で爽やかなイメージが崩れ去っていきました。女優としての脱皮どころか、それまでの上戸彩に比せばはるかに女優の格が上がった印象を受けました。


深田恭子は、映画「ヤッターマン」でセクシー衣装のドロンジョ役もあり、本格的なベッドシーンは、「セカンド・ラブ」(テレビ朝日系)で32歳の時に演じています。


「お嬢様」「不思議系」というイメージを払拭し、役の幅を広げながら水着写真集にも立て続けに挑戦し、そのどれもが大ヒットするという快挙を成し遂げ、「深キョン、10半ばなのに可愛い」という同性からの人気を獲得するまでになっています。


長澤まさみは、2017年の舞台「キャバレー」で胸元を露わにした大胆衣装で熱演し、30歳前後でこのような転換点が訪れる話題の女優たちは多いように感じられます。



スポンサードリンク



例外的な例も?綾瀬はるかや北川恵子も・・・


そのような中、例外といえるかもしれませんが、綾瀬はるかが2006年に「白夜行」(TBS系)で濃厚ベッドシーンを演じていますが、明確な濡れ場はほぼ皆無といってもいいでしょう。


ただ、ベタな女っぽさというよりは、いつになっても明るさや可愛らしさがあり、体を張ったシーンよりも違う方向性で幅を広げていくのも、1つの女優としての生き方なのかもしれません。


また、北川景子は、同世代女優の中では、早婚とも言え、結婚していることが影響していることは、間違いありません。


今後、問われる価値観や方向性

人気女優にとって、「30歳だから」と濡れ場を演じる必要はなく、色々な生き方ができるということが言えるのだと思います。
明らかに濡れ場を演じて興味を引くのではなく、女優としての品格、「質」としての向上が求められています。



決して、ベッドシーンが必要ではなく、1つ1つの演技を如何に個性的な場面や今までのイメージを変えられる演技をするのか、ということが問われているのではないでしょうか。それが、視聴者にも魅力的に感じれば何も問題はないでしょう。