紅白曲目決定!今年の目玉は?特別枠?大トリ後のサザンはあり?

いよいよ平成最後の紅白まであと数日。
出場歌手の曲目が発表されました。

卒業したはずのさぶちゃんこと北島三郎御大が平成最後の紅白を特別枠として「まつり」で締めくくり、同じく特別枠として今年6月デビュー40周年を迎えたサザンオールスターズの説得に成功し、中継ではなくNHKホールでの歌唱での出場が決まっているのですが、その歌唱順に問題あり?

スポンサードリンク

第69回NHK紅白歌合戦 出場歌手・曲目

紅組(50音順)

aiko「カブトムシ」
あいみょん「マリーゴールド」
いきものがかり「じょいふる」
石川さゆり「天城越え」
AKB48「恋するフォーチュンクッキー」
丘みどり「鳰の湖」
欅坂46「ガラスを割れ!」
坂本冬美「夜桜お七」
島津亜矢「時代」
Superfly「Gifts」
DAOKO「打上花火」
天童よしみ「ソーラン祭り節2018~どさんこver.~」
TWICE「紅白メドレー2018」
西野カナ「トリセツ」
乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」
Perfume「Future Pop 紅白SP」
松田聖子「SEIKO DREAM MEDLEY 2018」
松任谷由実「私が好きなユーミンのうた~紅白スペシャル~」
MISIA「アイノカタチ 2018」
水森かおり「水に咲く花・支笏湖へ~イリュージョンスペシャル~」
Little Glee Monster「世界はあなたに笑いかけている」

白組(50音順)

嵐「嵐×紅白スペシャルメドレー」
五木ひろし「VIVA・LA・VIDA!~生きてるっていいね!~」
EXILE「EXILE紅白スペシャル2018」
関ジャニ∞「ここに」
King & Prince「シンデレラガール」
郷ひろみ「GOLDFINGER’99~GO!GO!2018~」
Suchmos「VOLT-AGE」
三代目 J Soul Brothers「R.Y.U.S.E.I.」
純烈「プロポーズ」
SEKAI NO OWARI「サザンカ」
Sexy Zone「カラクリだらけのテンダネス~2018紅白ver.~」
DA PUMP「U.S.A.」
氷川きよし「勝負の花道~世界に響く和太鼓SP~」
福山雅治「2018スペシャルメドレー」
Hey! Say! JUMP「Ultra Music Power ~紅白スペシャルver.~」
星野源「アイデア」
三浦大知「Be Myself~紅白スペシャル~」
三山ひろし「いごっそ魂~けん玉世界記録への道、再び~」
山内惠介「さらせ冬の嵐~刀剣男士コラボスペシャル~」
ゆず「うたエール」
YOSHIKI feat. HYDE「Red Swan」

特別企画

椎名林檎と宮本浩次「獣ゆく細道」

企画コーナー

刀剣男士「刀剣乱舞~出陣!紅白歌合戦~」
Aqours「君のこころは輝いてるかい?」

特別枠

北島三郎「まつり」
サザンオールスターズ「未定」

北島兄弟(北山たけし・大江裕)「ブラザー」

※「ブラザー」は今年他界した北島三郎の次男/大地土子が作詞・作曲した遺作
※「日本の演歌を盛り上げたい」という親子の意思のもと作られた楽曲

???枠

チコちゃん・・・「チコちゃんに叱られる!」メーンキャラクター
岡村隆史・・・「チコちゃんに叱られる!」MC

※「チコちゃんに叱られる」
5歳の女の子、チコちゃんが発する素朴な疑問に答えていくバラエティー番組。
土曜朝の再放送でさえ10%近い視聴率をとる人気番組。

「ボーっと生きてんじゃねえよ!」というチコちゃんの決めゼリフは流行語のトップ10に入選。

くるくると表情が変わり、決めゼリフをいうときは顔を真っ赤にして頭から湯気を噴き出すチコちゃんが大人気。

声を担当するのはキム兄こと木村祐一。
チコちゃんの表情はCGで処理されています。

セリフに関してはキム兄が上手に対応するので問題はないはずですが、果たして生放送でのCG処理がどこまで対応可能なのか。
今頃CG班は大慌てで対応に追われているのでは。

スポンサードリンク

審査員はこの人たち

ドラマ、スポーツ界等、さまざまな分野から選出された方々です。

(50音順)

阿部サダヲ・・・大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」主役の1人

安藤サクラ・・・連続テレビ小説「まんぷく」ヒロイン

池江璃花子・・・夏のジャカルタアジア大会で6個の金メダルを獲得した競泳の選手

小平奈緒・・・ピョンチャンオリンピックで金メダルを獲得したスピードスケート選手

佐藤健・・・連続テレビ小説「半分、青い。」ヒロインの幼なじみ

出川哲朗・・・「リアクション芸人」としてバラエティー番組などで活躍

永野芽郁・・・連続テレビ小説「半分、青い。」ヒロイン

中村勘九郎・・・大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」主役の1人

夏井いつき・・・Eテレ「NHK俳句」「俳句王国が行く」出演俳人

野村萬斎・・・2020年東京オリンピックとパラリンピックの開会式と閉会式を総合的に統括する責任者

長谷部誠・・・サッカーワールドカップ3大会連続日本代表キャプテン

スポンサードリンク

石川さゆり&布袋寅泰のスペシャルコラボ

石川さゆりの「天城越え」に世界的ギタリストの布袋寅泰が参加するという驚きのコラボ。

紅白では何度も「天城越え」を歌っているような気がするので、たまには意外性があってもいいのかなとは思いますが、平成最後だからこそ普通の「天城越え」で良いのでは?と思ったものの、よくよく考えたら「天城越え」と言ったら昭和の名曲でしたね。

平成版なのでこれくらいの大きな賭けもアリかもしれません。

NHKホールでの布袋寅泰のライブに足を運んだ石川さゆりが、そのダイナミックな演奏に惚れ込みオファーして実現したという話。

布袋寅泰と言えば、2006年妻の今井美樹が初出場した際、「PRIDE」で夫婦共演をして以来の出演になります。

これだけの大物2人のコラボがうまくいかないわけがないと思いませんか?

それぞれのコメント

【石川さゆり】

和の世界を探求したいと思っている私が30人の邦楽器と布袋寅泰さんのギターの世界が触発しあい生まれる、現在とこれからの日本の音楽を紅白歌合戦でお届けしたいと思いました。
なにがおこるのか…私もわくわくとしています。
お楽しみ下さいませ。
励み歌わせて頂きます。

【布袋寅泰】

ジャンルなんて関係ない。
魂のボーカリストとの共演は「ギタリスト冥利に尽きる」の一言です。
僕も魂を込めて弾かせていただきます。
世界に届け!日本の心。

スポンサードリンク

まだまだありそうな目玉とは?

米津玄師

今年「Lemon」他ヒット曲を多数出した米津玄師は最有力候補と言われながらも出場歌手の中にその名前がありませんでした。

彼に関しては芸術家としての色が強いからか、「説得しきれなかった」のではないかという声が上がっていますが、出場歌手の中にコラボ曲「打上花火」を歌うDAOKOがいるので、説得出来たらここで登場するのでは、という期待の声もあります。

ただ、最初から「打上花火」でDAOKOとのコラボ出場の依頼をしていたのだとしたらNGですよね。

上沼恵美子

審査員は発表済ですが、「M-1グランプリ2018」での審査員として話題になっているだけに、NHKとしてはもし出演OKが出たら大きな目玉になると考えているのではないでしょうか。

オーラス、大トリは誰?

2013年に出場50回を区切りとして卒業した北島三郎御大。
平成最後の紅白からの熱望に応え、特別枠での出場を決めたことでファンをはじめたくさんの人がその歌声を待っているはず。

そして誰しも平成最後の紅白はさぶちゃんの「まつり」でどっか~ん!と締めくくられると思っていたのでは?

ところが、ここに来てそのさぶちゃんの後に、同じく特別枠のサザンオールスターズが歌うことが内定したという話が浮上しているのです。

これにはさすがにサザンファンも戸惑いを隠せない様子。

「まつり」の後に「いとしのエリー」?「勝手にシンドバッド」?

どちらの歌手や歌が上だ、下だ、というものではなく「ただただあり得ない」という意見が多数。

サザンとしても、さぶちゃんが盛大に「まつり」を歌い上げたあとでどうやって出て行ったものか、と悩んでしまうのではないでしょうか。

スポンサードリンク

紅白ウラトーク司会決定!

NHK紅白を2倍楽しむためにも副音声は要チェックです。

今年はこの3人+アナウンサーが担当。

・サンドウィッチマン
・渡辺直美
・雨宮萌果アナウンサー

それぞれゲストとしてや「HALFTIME SHOW」「楽屋トーク」MCとして紅白の出演歴はありますが、ウラトークの司会は初めて。

今年大活躍した3人が紅白を“ウラ”でどう盛り上げるのか楽しみです。

※副音声を楽しむには時間は長いですが録画して改めて聞いたほうがいいかもしれません。

富澤たけしさんコメント
今年はMONKEY MAJIKとコラボした曲「ウマーベラス」を出して紅白を狙っていたので「来たか!」と思ったらウラトークでした。
歌の邪魔にならないように話をして、次回は「ウマーベラス」で歌手として紅白に出たいと思います!

伊達みきおさんコメント
何より、平成最後の「紅白歌合戦」を体感できるのがうれしいです。
バナナマンさんを引き継いで、しっかり楽しめたらと思います。

渡辺直美さんコメント
今まで、楽屋トークでたくさんのアーティストの皆様と舞台袖の楽屋でトークさせていただいたんですが、今回は「紅白歌合戦」を目の前で観ながらのトークなのでとても楽しみです。
サンドウィッチマンさんと雨宮アナと視聴者の皆様と楽しみながらウラトーク頑張ります。

最後にまとめ

今年は原爆Tシャツ問題で韓国の「BTS(防弾少年団)」という大きな目玉をなくし、初出場組含めちょっと薄めな印象が否めないと言われている紅白出場者。

平成最後の紅白でなかなか大きな目玉を選出出来ないままの船出となりそうですが、開けてビックリ!というサプライズを期待したいですね。