まず、百均のメイク用品売場の物。
ここではセリアとダイソーの商品から見てみる。
セリアは店によって違うが、色は黒だけの商品展開がほとんどである。


ボリュームアップ用のマスカラはフィルム密封してあるが、中身は乾き気味の物がほとんどである。
繊維入りのまつげ長さアップ用も、繊維はちゃんと入っている様だが、やはり乾いていて、まつげにつかない物が多い。
両方とも、購入後開封してチェックしたがまったく乾いていて、手にもつかない状態の商品だったので、レシートを持ってセリアへ。



レジの店員さんに説明したところ「同じ物をお持ちになりますか?」と言われたが、「いいえ、今回は返品します。」と答え、108円の返金を受けた。
その定員さんの言うのには「マスカラは中が見えないのでチェックしようがないのです。」とのこと。
そうではあるが、返品や交換が出来るのならそれは店員さんに責任は問えない。



スポンサードリンク



マスカラ、シャドウの色は?使い勝手はいいか?中身の状態は?


セリアは黒がほとんどである。
ダイソーには紫、青、グリーンなどがあるが、やはりツキは良く無い。
何度か買って中身のチェックをしたが、どれも少ない、すぐに色がつかなくなる。


マスカラは百均はおすすめしない。
なぜなら、中身の乾燥している物が多く、使えない商品に当たる可能性が高い。
結局108円も積もり積もれば某有名化粧品の商品が買えてしまう。



しかし、シャドウ系は問題なく使える。
色も一番使いやすい色のアソートになっている。
特にセリアのシャドウはケースも小振りで鏡もついている。


ダイソーも同じメーカーの商品を扱っている。
シャドウはどちらも品質には問題なさそうだし、色付きも悪くはない。


アイライナー(ペンシルタイプ)はセリア、描き易い、硬さもよい。


アイライナーについては、描きやすいかが大事です。
鉛筆タイプは硬いと目の縁に使用するものですから、痛くて描けないとなると最悪ですよね。
セリアのアイライナー(シャーペンタイプ)は黒と茶がありますが、ただの黒や茶色のアイライナーではない。


キラキラ光るように練り込んであるので、メイクが映えます。
混ざり物があると描きにくかったり、ゴソゴソしそうな気がしますが、そんな事は無く、きれいに描けますし、滲みませんよ。
筆者はセリアにいったときはまとめて買っておきます。



かつてダイソーで購入したものは、硬くて描きにくく、削り器がないと使えないものはちょっと不便なきもします。
アイライナーは自由にラインが描けることが必須ですよね。カラーも黒、ブラウン、ブルーなどがあるが、やはり日本人は黒が多いのではないかと。



スポンサードリンク



リップカラーの決め手は発色、持ちの良さ。無香料なのは必須!


リップカラーに関しては、女性は気に入った色や似合う色を自然と使い続ける傾向にある。
パレット型で何色も入っていても一度も使わない色は、使わずに終る事になる。
それではもったいない。


いくら百均だからといって、無駄はいけないのです。
そんな時は2色セットを買うといいのでは。好きな色を何色か持っていると、使い勝手も良い。セリアもダイソーも少ないセットパレットがあるので、どちらも良いのではないか。


伸びも良いし、香料も使っていないので、品質には問題が無いと思う。
リップカラーは唇に使うだけではなく、目元のアクセントにはペンシル系のリップカラーが使える。
アイライナー感覚でワンポイントとして使ってみてはいかがですか?



除光液は百均の商品でも爪は痛まないし落とす力も変わらないよ。


ネイル関係は除光液はおすすめしたい。
ラメ入りなども結構ちゃんと落とせるし、使った後の荒れなどもない。
ボトルの量も充分あり、何百円も出さなくとも、除光液の役目は果たしている。



ネイルカラーについては、色も多色あるのは良いが、匂いが強いのが難点である。
締め切った部屋では匂いが強く、おすすめできないかも。
渇きは速い物がおおいし、色も多いのだが、爪に塗って乾いてからも匂いが残るのが難点である。



スポンサードリンク



メイクブラシなどの小物は種類が多く、気軽に買い替えが出来る!


シャドウブラシやチークブラシやリップブラシなどは、セリアもダイソーも種類が多く、使える物が多い。シャドウなどに附属しているチップブラシは使いづらいと思う方いるかと思う。
短い柄で、すぐに汚れる、洗って使う人は少ないだろう。


そんな時、安価で使えるブラシやチップが百均には沢山ある。
セリアもダイソーもラインナップは悪くはない。
セリアのアイブローブラシなどは数年使っているが、実に使いやすい。


ブラシも毛先がちゃんと丸く処理してあるなど、肌ざわりも考えられている。
シャドウなど実にきれいに塗ることが出来る。
何千円も何万もする名人の作ったブラシとまではいかないが、充分使用に耐える商品であることは使用している立場からはっきりと言える。安かろう悪かろうとはいちがいに言えない。



便利な物は利用しましょう。百均のメイクアイテムはあなどれないですよ。


最後にまとめ

基礎化粧品は化粧品メーカーの物を使ったほうが安心です。
直接肌につけるもの、化粧水やクリーム類、ファンデーションはやはり信頼出来る化粧品メーカーの物を選びましょう。
上に乗せる、飾るものは百均で。


有名なメイクアップアーティストさんも結構使える物が多いと言っていたのを見た事があります。
百均だから品質が悪いとは限りません。
すぐれものを自分で見つけ、上手に利用するのも楽しいものです。