戸田恵梨香NHK朝ドラ「スカーレット」新元号初ヒロイン決定!

NHK連続テレビ小説は2019年前期(4月~9月)放送予定の「夏空-なつぞら-」で記念すべき第100作目を迎えます。
ヒロインはすでに発表されている広瀬すずさん。

そして新元号になって初めての連続テレビ小説が2019年後期(9月30日~翌年3月)(第101作目)の「スカーレット」ヒロインが戸田恵梨香さんに決定しました。

スポンサードリンク

NHK朝ドラのヒロイン大抜擢

白いワンピース姿で会見場に登場した戸田恵梨香さん。

「8月に30歳になり、不要なものを断捨離したら20代のモヤモヤが晴れました。その時このお話(朝ドラ)をいただき、自分の中にできた空間にスッと入ってきたんです。一つの役を1年間やることは未知の世界ですが、大変ぜいたくな時間だと思うし、この時間を楽しみながら同じ女性を演じ続けることで自分も進化していきたい」と抱負を語っていました。

30歳になった今年8月に断捨離を行い、身の回りの品だけでなくそれまでの価値観も一度捨ててみた時期に、今回の朝ドラ出演の依頼が入ったという。

代表作のTBS系「SPEC」を終えた24歳の頃に「役者の第1章が終わったように思えて、それからは第2章に何が必要かがずっと分からず悩み続けていました」と告白しています。

戸田恵梨香大抜擢の理由

朝ドラのヒロインといえば、オーディションで決定するのが一般的ですが、今回はオーディションではなく番組サイドからのオファーで戸田恵梨香さんに白羽の矢が立ったようです。

新人女優の登竜門とも言われている朝ドラ。

「今回は少女時代もありますが、ヒロインが結婚して人生のステージを次々に進んでいくことに力を入れて書きたい」

今回のヒロインは15歳~50代まで幅広い年代を演じるため、新人女優ではなく実力のある女優さんを起用したという制作側の思いがあったようです。

今回、起用を決定したドラマ制作統括の内田ゆきプロデューサーは戸田恵梨香さんの撮影現場まで訪れたようで、

「作品によって色々な表情を見せてくださっている」
という評価をしていて、話題の主演ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』で戸田さんの華奢な姿からこぼれるパッと大きな笑顔に「これが喜美ちゃんだ」と思い、ヒロインである「川原喜美子」の印象と重ね合わせて起用を決めたそうです。

今クール話題のドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』に若年性アルツハイマーに冒された医師という難しい役で主演している戸田恵梨香さん。

役になりきっている彼女は同じドラマの中でも、ある瞬間から別の女性の役なのではないかというくらい表情も動きも変え、一人の女性の中に自然と違う女性としての雰囲気をかもし出すことが出来るすごい役者さんだと思いました。

「コード・ブルー」や「SPEC」で見せる顔、今回のドラマで見せる顔、その時々で別の顔を見せて存在感を示しているかと思えば、私生活では交際相手を隠すことなくあっけらかんと認めてしまう、そんな自然体なところがファンの心をひきつけるのでしょうか。

そんな戸田恵梨香さん、実は朝ドラ出演は2度目なのです。
2000年後期の「オードリー」に主人公の養母の少女時代で出演しています。

スポンサードリンク

第101作品目「スカーレット」(NHK大阪放送局)

高度成長期の昭和40~50年代を中心に、滋賀県で信楽(しがらき)焼の陶芸家となった女性陶芸家の波乱万丈の人生を描くドラマで、脚本は水橋文美江(ふみえ)さん(「ホタルノヒカリ」シリーズ他)が担当。

タイトル「スカーレット」は窯で燃える炎の色=緋色(スカーレット)=にちなみつけられたそうです。

戸田恵梨香さんが演じることになった信楽焼の女性陶芸家「川原喜美子」が戦後、大阪から滋賀に移り住み女性陶芸家の草分けとなり、弟子を育てていく姿が描かれます。

陶芸家「川原喜美子」は実在しないオリジナルですが、制作にあたって滋賀県・信楽の女性陶芸家の草分けでヒロインと同世代の神山清子(こうやまきよこ)さんにかなり深く取材し、その人生を大きく参考にしたオリジナルストーリーです。

あらすじ

絵と柔道が得意な三人姉妹の長女で働き者だという川原喜美子。
1937年(昭和12年)大阪に生まれ、9歳の時に滋賀県信楽に移り住み信楽焼に触れて育ちます。
15歳で就職のため大阪に行きますが、数年でまた信楽に戻り、男性ばかりの陶芸の世界に飛び込みます。
当時は女性が窯場に入ると「穢れる」と言われていた時代で、窯焚きをする女性はいませんでした。
女流陶芸家の草分けとして歩みはじめ、同業の男性と結婚した後、自らの窯を持ち独自の信楽焼を生み出そうと奮闘していきます。
家庭では2児の母となり子育てをする一方で、愛情をこめて多くの弟子を育てていく波乱の人生が描かれます。

「誰かを助けるヒロインもすてきだと思うが、本気で仕事に取り組み、自分だけでなく人のためにも働ける女性を描きたいと思った。戸田さんには15歳~50代くらいまでを演じていただく予定。高度経済成長期の昭和40~50年代が中心になるが、今の時代にも元気とエールを届けることができるのでは」

こう語った制作統括の内田ゆきプロデューサーは、その企画段階から戸田さんをヒロインに想定していたことも明かしています。

共演者はまだ公開されていません。

スポンサードリンク

ポスト米倉涼子

今、最も視聴率を稼げる女優として一番に挙げられるのが「米倉涼子」。

今のところひとり勝ちのようですが、大手芸能プロはそれぞれ次の座を狙っているようです。

その次世代候補である戸田恵梨香さんと同年代のライバル女優として、新垣結衣(30)さん、長澤まさみ(31)さん、吉高由里子(30)さん、井上真央(31)さんといった名前が挙げられているようですが、この朝ドラヒロイン決定を受けて、戸田さんが頭1つ飛び出したのではないでしょうか。

朝ドラの撮影期間は約1年間。
撮影場所は大阪で平日の朝から晩まで撮影が続くので、遠距離恋愛になることでその関係がどうなるのか、ポスト米倉涼子を狙っている所属事務所としては自然消滅してくれたら、と願っているのではないでしょうか。

最後にまとめ

さまざまなドラマでその演技力が認められてきた戸田恵梨香さんですが、『コード・ブルー』までの存在感ある演技から『大恋愛~僕を忘れる君と』では力を抜いたまったく違う“戸田恵梨香”になったような気がして、その演技力の深さに朝ドラのヒロインが加わったら新元号の“戸田恵梨香”には何も怖いものなんてなくなるのではないか、と思えてきます。
“尚ちゃん”の微笑みには人の心を浄化してくれる力があるのです。