2018年6月に開催された「AKB48世界選抜総選挙」では、メンバーの中で最初に名前を呼ばれ、100位に入ったのが26歳の大家志津香です。


今回、大家志津香について取り上げてみたいと思いますが、彼女は、2007年の4期生としてAKB48のメンバー入りを果たしました。
今年で在籍12年目を迎え、最近は「池の水ぜんぶ抜く大作戦」などのテレビでも活躍しており、初期のメンバーが次々と卒業していく中、まだ「卒業」の意志はないと話しています。




スポンサードリンク



現役続行する理由とは?

彼女が話すには、「自分はアイドルとしての向いていないと思っていたけど、テレビに出るタレントさんになりたかった」と語っています。
正規メンバーに昇格するまでに約2年半(グループ史上最長)という時間を要し、如何に正規メンバーに至るまで苦労を重ねたか見えてきます。
当然、「卒業」という言葉と隣り合わせだったのかということが想像できますよね。



多少、歌が苦手でも「美人」「とても可愛い」であれば、それだけでチヤホヤされたりマスコミに取り上げられることが多いでしょう。
しかし、「美人」「とても可愛い」だけでは、芸能界で生き残ることの難しいことで、「特技」「個性的」「面白さ」などを兼ね備え、「大衆を飽きさせない」ということが大きな条件になってくる世界と言えるでしょう。


「先の見えない研究生時代は何度も卒業を考えました。福岡から出てきて最初に一緒に住み、仲の良かったのが指原莉乃、北原里英、横山由依ですからね。
皆がAKB48の主要メンバーとして活躍するのを横目で見ながら、自分は必要ないのかと悩んだりもしました。



そこで踏みとどまれたのは負けず嫌いだったのと、そんな私にも少ないながらファンがいたから。
当時は1人でもファンがいてくれる限り辞めないぞと思っていました。」と当時のことを振り返って話をされています。



スポンサードリンク



地道な努力とファンの支え

そうそうたる競争相手の中、地道な努力をしてやっとの思いで正規メンバーの座を勝ち取れたのか読み取れます。
「努力家」「頑強な心」を持っていると言えるのではないでしょうか。
始めは、公演にも出られずに握手会にも人が来ない状況だったとか・・・。


たまたま、「週刊AKB48」という番組で特集してもらったことをきっかけに、街頭でティッシュ配りなど、ファンを増やすために色々なことをアイドル以外の自分という形を出していくことで応援してくれるファンが増えていったとのことです。
アイドルがティッシュ配りをしないといけないような世界なんですよ?吉本の一発芸人も1年経ってしまえば、無職になってしまう世界です。社会の厳しさがヒシヒシと身に染みるような気がします。



クイズ番組「ミラクル0」へのゲスト出演が大家の認知度を世間一般に広めるきっかけです。
具志堅とボケで五分に渡り合う発想力が受け、レギュラーの座をつかみ取ることに成功しました。
人気バラエティー番組「池の水ぜんぶ抜く大作戦」で、野生児ぶりを発揮し、バラエティタレントとしての魅力を見せつけました。



開き直ることこそ怖いものなし

爪跡を残したという気負うことが「辞めよう」という怖いものが吹っ切れて、開き直ることができ、思うがままにナチュラルに返していったら、そのチンプンカンプンさが面白いと思ってもらえるようになってきた、との話です。
物事には、タイミングというものがあって、世間が求めていることに対してヒットすれば人気が上がって売れます。


地道な努力を積み重ねきたからこその結果だと言えるでしょう。
努力を無駄にしない生き方、気持ちを切り替えて前に進むという心があってこその発言であると思います。



スポンサードリンク



若手の希望になればいい

タレントして活躍しながら「AKB48」のアイドルとしての顔を持ちつつ、年齢的に26歳ということから世間から厳しい目で見られることもあるかもしれません。
しかし、アイドルはこうでないといけない!という固定観念が人によって考え方が違うのは事実でしょう。


自らがアイドルとは?という新しい形のものを求めて次世代の後輩に形を託していこうと彼女自身が磨きをかけているのかもしれません。
選抜に入れない後輩の中には、「大家さんみたいになりたいです」と言ってくれる子もいて、それを糧に頑張っていこうという思いに駆り立てられ、「若手の希望」として彼女を目指してアイドルへの道を進む子も出てくることでしょう。



前に進もうという気持ちがなければ、12年間もアイドルとして続けてこられなかったと思いますが、そこで心が折れずにひたすら前進しようと色々なことにチャレンジしてきた結果だと思います。
希望や夢を捨ててしまったら、人生、そこで終わってしまいます。


皆に夢や希望を捨てずに頑張ったことで「このような人生の在り方」があるんでよ!という手本を教えてくれているように感じます。
まだまだ、これからの人生を前を向いて常に自分自身と向き合い、ファンと向き合いながら頑張ってもらいたい次第です。