昨日ドラフト会議2018が開催されました。
今回は不作の年と言われており、一方で大坂桐蔭の二刀流の根尾選手と外野手の藤原選手、報徳学園の小園選手、そして今年の甲子園で一躍時の人となった金足農業高校の吉田選手といった高校生が注目されてきました。



一巡目の結果としては僕がまず驚いたのは吉田投手がはずれで選ばれたことですね。
メディアが散々取り上げたわりには一回目の候補者の一覧には載らず、また八球団が競合した二巡目においても彼を指名した球団は日本ハムのみでした。

吉田選手は日本ハム

この球団はサプライズがあるかもしれないと言っていたので動くかと思っていましたが相思相愛といわれてういた巨人がはずれでも指名しなかったのはとても以外であり、また吉田選手の好きな球団は巨人であるということが分かっていたのでとてもかわいそうに感じました。



スポンサードリンク




やはり、球のスピード、きれが原因だったのでしょうか、たしかに一回打たれるとたちまち打たれ続けるシーンもあったので。
フィールディングなど一級品に感じたのですが。
まあ、日ハムには巨人と縁がある人が多く所属し活躍しています。



またこの球団は育成に定評があるのでぜひのびのびとやってもらい、将来は巨人に迎えてもらえるといいなあと思います。
さて、次に注目したのは根尾選手の交渉権です。
四球団が集まり私が一番好きな巨人も獲得に乗り出しました。

巨人の原監督はくじ運がない

巨人のドラフトの代表は来季から再び監督を務める原辰徳、実は彼、とても勝負運がなくここまで1勝6敗でした。
逆にとらえるとそろそろ来てもいいころに感じました。
彼のほかに中日とヤクルト、日本ハムがくじを引きました。


そこで交渉権を獲得したのは中日!初めにひいて交渉権をかっさらっていきました。
原さん、やっぱり弱かったです(笑)根尾選手は地元が岐阜で中日の本拠地の近くに住んでおり、また子供のころはドラゴンズジュニアにいたので縁があったようですね。


二刀流とは言われているものの、特にショートとして成績が抜きんでていて、将来は坂本を超える存在になるのか注目ですね。
つぎにあげるのは藤原選手、この選手には楽天と阪神、そして千葉ロッテマリーンズが指名し、くじ引きをしました。
その結果交渉権を獲得したのは千葉ロッテ!残りくじに福がありましたね。


スポンサードリンク



監督が引いているときの「残ってるから!」という外の人の声が語り継がれそうです。
ロッテは初めの段階から中日と同じように指名選手を公言していたので引けて良かったですね。
最後に一巡目の目玉として綴るのは小園選手。予想を上回る四球団の指名がありました。



このくじを引き交渉権を獲得したのは広島カープ。
悔しいですなあ。
根尾と小園、二人のスターがセリーグに来てしまったので巨人ファンとして困惑しています。

<広島カープの黄金期が続きそう
カープ、黄金期はまだまま続きそうです。
この三選手のほかに西武が松本選手を引き一回目の指名は終わりました。
この時点で八球団が交渉権をまだ獲得していないというのはなかなかの異例です。



そして二回目の指名で吉田選手のほかに注目されたのはベイスターズが指名した上茶谷選手、そして四球団が競合した辰巳選手です。
ベイスターズはここ数年一巡目に大学人投手を指名し、彼らはみな活躍していました。
そのなかで今回は思い切って小園に行ったものの破れてしまったラミレス監督、結局大学人投手を選んだようです。


ジンクスのようなものに感じるので上茶谷選手の来季に注目です。
そして競合した辰巳選手、巨人も競合に参戦しました。
次こそ当てるであろう、いや当ててくれ原監督!しかし私の希望はかなわず、彼の交渉権は楽天に渡りました。


今回のくじは最初の人か最後の人が当たりますね。
不思議です。
楽天のくじを引いたのは石井一久GM。一回目にひいたときは中でくじを落としてしまっていたのでひょっとしたらそれがなければ藤原君獲得できていたかもなあと思いました。



スポンサードリンク



ドラフト会議・成功した球団は?


原さん、弱すぎです。
これ以降は競合はなく一巡は終わりました。
結局巨人は高橋選手を指名。


高校が東海大菅生高校であることから原さんと同じ東海閥であることを揶揄する声が大きいです。
逆境をのりこえ左のエースになってくれることを願っています。
このあと、一時間ほど会議は続き、ドラフトは終幕しました。



さて、全体の好評ですが、今の段階で成功と言えるのはマリーンズと中日です。
この二球団は超高校生級の選手を獲得した上で来年から即戦力として期待できる選手も獲得したので大成功と言えるでしょう一方明らかに外れだったのは阪神です。
一位の近本選手はよいバッターですが、同じような選手が阪神には多くいます。


そして何よりも現状六位というわけであって早急にチームを立て直す必要があるにも関わらず、即戦力になりそうな人があまりいません。このままだと来季も優勝が厳しいでしょう。
トレードでどう動くか注目です。


さてわが巨人ですが、正直甲乙つけがたいです。
というのも、全員が発達途中の選手で即戦力はいません。確かに現状けが人がいなければ優勝できるメンバーがそろっている以上妥当な感じもあります。五年たったころに評価は付きそうです。