今回の解放について、様々な意見があります。
まず、「現地の状況を伝える為に行く、ジャーナリストの使命」危険と知っていて、危険な目に遭うと言う前提で現地に行くのは、理解できます。


実際に目で見て話を聞いて、写真を撮って情報を世界中に伝えたい。
それも理解出来る。
しかし、今回、日本国民はいったいどのくらいが納得しているだろうか。


「シリアの事なんか知りたくないよ。」「他国の事なんか伝えてくれなくてもいいよ。」と言っている人の多い事。
そんなことより「自己責任で行くのなら、人質になった時点で、日本に負担が強いられ利用される前に自分で始末をつけたらいいのだ。」「自分で始末」とは、戦争時代にあった「屈辱を味わうのは許せない」自ら命を絶つ「自決」である。他に迷惑をかけない究極の「自己責任」である。安田純平さんに対しても、そう思っている人がいることも確かである。




スポンサードリンク



「予測不可」の地に行くべきではない?危険承知で行く真意とは?


ジャーナリズムを否定はしない。
安田さんのジャーナリストとしての考えもわかる。
しかし、3年4ヶ月もの長い間、人質として「拘束」されていたのです。


その間、安田さんは残念な事に「身代金目的の人質」になってしまった。
人の命などなんとも思わない集団に、安田さんは監禁・拘束されていたのです。
恐怖を植え付け。
脅かし、時折、ネットを通して、世界に過酷な状況を晒して、あくどい交渉を迫った。



政府はこの間、どうなっているのかは公表はしなかった。
忘れていた人もいたであろう。
突如、ニュースで「解放」と知り、驚いた人が多数であったと思われる。地下交渉と言おうか秘密裏に政府は交渉をしていたということである。


安田さんは無事に日本に帰ってきたが、相当のバッシングが始まっているのである。
安田さんだけではなく待っていた家族にも辛い状況となっている。


「身代金は安田さんから徴収すべきだ。」「自分の意思で危険な地に行って、助けてほしいなどと言うな!」「人質になり辛かったなんて言うな!」自業自得なのに、ネット配信された安田さんの映像を見て、「可哀想だから早く助けてあげて欲しい!」と思った人、思わなかった人、どのくらいの割合だったのでしょうか。

「シリアに行って情報を得ることがそんなに必要なことなのか?」と思った人だって沢山いるはずなのです。



ジャーナリスト魂とは?「利用」された安田さんに落ち度はある?


回りで聞かれる意見を書いてみる。
「無事に帰って来られて、日本国民が全員喜んでいるのではない。」「わかっていることなのに、何故行くのかわからない。」「迷惑をかけたことについてどう考えているの?」「ジャーナリストだから助けられる価値があると思ってるの?」などなど厳しい意見が多い。



日本政府も安田さんから「拘束の状況」など聞きたい事が沢山あるので、体調の快復に合せて進めると発表した。
ジャーナリストの使命を全うするには、危険と背中合わせであることを痛感させられた。


しかし、危険な状況になりえる地に行く事自体が「落ち度」なのではないか?長きに渡り、人質になった状況を日本政府は安田さんから聞く予定であると報道された。
安田さんも話せるすべてを話す意思を示している。
近々、誰もが知りたくても、知る術が無かった事実が公表されるのでしょう。


スポンサードリンク



「身代金」払っていないのに解放はされない?身代金は払われた?


「身代金」は億単位の金額だ。
出した出さないなどと言っても話はそこまでだ。
政府は「出していない」と言い切るだろう。


裏で大金が過激集団に渡った事だけは確かな事のようであろう。
認める認めないなどと言ってもうやむやになるのです。
そこまで公表する理由がないからだと政府の判断であろう。


過激集団が4年以上も安田さんを「拘束」しておいたのは、「手応えあり」と判断したからでしょう。
無条件で生きたまま解放はしないであろうから、裏で決着がつかない場合は、無残な姿で路上に捨てられるはずである。



そのような残念な結果にならずに今回の「無事解放」という結果に日本政府の努力の賜であったことは評価するべきです。
一人の日本人の命が助けることが出来たことを素直に喜ぶべきなのでしょう。


命の価値とは?非道な過激集団のターゲットにならないためには?


安田純平さんという一人の正義感の強いジャーナリストがそのターゲットになったのです。
人道的な立場から、映像で助けを求めている自国の人から目を反らせる事など出来ないのです。
勝手に行って人質になり、拘束されてしまった、たった一人の人の為に、「身代金」を出したく無くても出さずにいられない状況になるのです。それが過激集団の目的なのだから。


安田さんは「当事者」でもあるが、世間の風当たりは相当に厳しい。
「行かなければこんなことにはならない。」行くべきではなかったのだとほとんどの人の本心であることも事実である。
一部には「身代金」が払われたのであれば、人質になった人に「払わせろ!」という意見も多くあることも確かなのでしょう。
そうなると、行ってはいけない国には、行かない!ということに尽きるのです。




スポンサードリンク



トルコ、カタールに感謝を。渉外担当国の本当の目的は別にある?


カタールが話をつけた「身代金を渡した」ということになっている。
日本政府がカタールに身代金を渡してカタールから過激集団に渡り、安田さんが解放されたという展開でしょう。
あくまでも日本政府は「身代金」は出していないと言い張るのであれば、カタールが日本の一人の人間の為に億単位のお金を出した事になる。


カタールはお金のある裕福な国であるが、日本政府に貸を作って、自国のプラスになる交渉をしてくるのであろうか。
払った代償は取り返せると見込んだんであればだが。
カタールは他国の人質事件の際にも重要な役割を果している。



見返りがないことをすることはない。
「恩を売って利を得る」という思惑だろうか。
そうなると有り余る国の財を運用する「人質解放交渉業」である。

もはや国家ビジネスといってもいいでしょう。
今回、日本はビジネスの「お客様」になってしまったのでしょうか。


「本当の自己責任」がとれる人、人質にならない人だけが行く?


世界の知られていない現状を知らせたい、伝えたいというジャーナリズムについては認める。
知りたい人がいて、それを現地から知り得るのはジャーナリストの方達がいるからである。
立派で正しいことです。


しかし、「益」を求めるジャーナリストが国に「損」を与える様な状況になることは、自身のジャーナリズムに反してはいないだろうか?ただの正義感だけで自国に莫大な損失と国民の反感をかうことがジャーナリズムに反してはいないですか?


犠牲がつきもののジャーナリストの世界ですが、そうまでして発信しようとするには「自己責任」は負えるものではないのです。
人が人の心を持っている限り、見放すことは出来ないからです。
危険な所へ飛び込む覚悟が出来ていても、それは一人だけで納得していれば成立することではないのです。



最後に、心に残る戦場カメラマンがいた。
一ノ瀬泰造。
カンボジアで活動中地雷の為命を落とした。


まだ20代であった。
彼のカメラには映像が残っていた。
戦争の悲惨な状況を世界に知らせたいと、ジャーナリストとしての人生を、カンボジアの地に命を奪われたのだ。


一ノ瀬泰造は「死ぬ覚悟」と絶えず一緒に活動していたのです。
これこそが「自己責任」であると思うのです。