現在、7週間連続でガソリン価格が急高騰を見せています。
2014年11月依頼に1ℓ160円の価格に迫ってきています。
日本エネルギー経済研究所石油情報センターが17日に発表した全国平均価格は、159.6円と値上がりを続けています。


米国によるイランに対する経済制裁が実施されるとの見通しで、原油価格が上昇したことなどが影響したとみられています。

中東問題に関して

何十年も昔からオイルショックによって、トイレットペーパーを大量購入し国民がパニックになってしまうことがありましたが、世界有数の石油原産国である中東(アラブ)諸国が戦争する度に、色々な問題が生じてしまいます。



スポンサードリンク



背景として、戦前の欧米各国による植民地やイギリスにより、ユダヤ人の国家建設を認める工作を行ってしまうなどの歴史があります。
また、多様な民族問題や宗教的な問題も含んでいます。
なかなか中東問題に関する日本国民の意識というものに対して、理解できない文化圏であるといってもいいかもしれません。



しかし、「親日国が多い」ということをご存じでしょうか。
江戸幕府が崩壊してから明治維新が成功し、極東アジアにおいて唯一、欧米各国の植民地にされなかった国であり日露戦争、第一次世界大戦によって世界五大国の1つまでなりました。


また、第二次世界大戦でおいてアメリカに敗れ原爆が落とされるという悲惨な目にあいましたが、アジアの植民地を解放させたということも1つの親日国となった1つであると考えられます。


石油資源を求めて

第二次世界大戦の発端となったのは、アメリカに依存していた石油を経済制裁で「ABCD包囲網」で封鎖されてしまったことに始まります。
そこで、日本軍は、南方の石油獲得の為に太平洋戦争へと突入していきました。
その教訓を我々は、後世に伝えていかなければなりません。



戦後、中東の石油資源の獲得に向けて舵を取ることになっていきます。
様々な国も石油を求めて中東の利権獲得の為に、色々とお金を提供したり経済的に支援を行い、「オイルマネー」と呼ばれるように砂漠地帯であった土地が、石油の力で経済発展していくという時代背景があり、各国ともに中東の石油に頼っている現状があります。


なので、中東情勢が不安定になればなるほど、石油の価格が上がってしまうという状態になってしまいます。
もっと、世界中で石油が発掘すればそのような状況にならないでしょうが、現代の科学の力で石油を作り出すまでには、至っていません。




スポンサードリンク



石油の価格が上がると国民にどのような支障が出てしまうのか

原油の価格が上昇すると国民生活にとって、大きな損害を被ってしまいます。
車を動かしているのは石油ですし、飛行機や船を動かすのも石油で動かしています。
つまり、「移動手段」の大半は石油が必要であるということなので、移動する手段のお金がかかってしまうということです。



15年程前までは、ガソリン価格が90円台の時代がありました。色々な所へ手軽に旅行が出来ましたが、1ℓ160円となると東京⇔大阪間で約450㎞はあります。
往復するとかなりのガソリン代が必要になりますよね。


次に、「物価が上がってしまう」という問題に直面します。
新鮮な野菜や魚介類などを遠隔地から運んでいるのは、トラックや船、飛行機であり各家庭の食卓に食事が並ぶ前に色々な流通ルートを辿る為、1ℓ140円台から160円に価格が上がってしまうと単純計算すると、20円上がる計算になってしまいます。



今年は、台風などの災害で野菜が不作の為に値段が上がってとても高いのに「また、野菜の値段が上がるの!」ってことになってしまいます。しかし、トラック業界や船舶会社も社員を雇用して利益を得なければなりません。
やはり、流通過程でどうしても値上げせざるを得ない状況になってしまいますよね。


遠く離れた中東情勢によって、日本という国は、そこまで経済的も日常生活にも影響を及ぼしてしまうのですね。
本当に資源のない国にとっては、死活問題となってしまうことが理解できるでしょう。




スポンサードリンク



尖閣諸島問題について

1970年代に突然、中国と台湾が尖閣諸島の領有権を巡り主張してきました。
歴史上、日本固有の領土であることに間違いありませんが、近年になり強固に武力で威嚇したりするようになったのでしょうか?それは、東シナ海の尖閣諸島周辺において、石油ガスといった資源が豊富に存在することが研究調査から明らかになったからです。


中国も経済大国2位として発展を遂げましたが、反面、資源の消費量が上がった為に、資源の獲得を狙っていると考えていいでしょう。
しかし、外交的に問題解決するのではなく、一方的にガス田を開発したり武力で威嚇するという行為は、適切だとは言えませんよね。
日本は、決して引いてはいけないですし最低限の武力衝突は覚悟する必要はあるでしょう。
「石油は国の生命線」であることを忘れてはいけません。また、「国益を守る」という意識も持たなければいけません。



ガソリン価格の解決について

ガソリン価格が1ℓ160円に迫っているということは、決して国民生活にとって打撃となり、生活消費量も減ってしまう為、経済的にも損失となってしまいます。
数年前にも同様の事態となった時に、価格を一時的に下げる法案ができましたが今、施行するべき時ではないでしょうか。


一時的な法案であれ、「生活水準を維持」していく為に決断を下さないといけないことは明確なことだと思います。
今後、消費税が10%に引き上げることも視野に入れた政権の発言があったりしますが、もっと国民の立場に立った政権運営を行わなければ、日本の危機的な状況を打開することは難しいと思います。