NMB48を引っ張ってきた山本彩が卒業することになりました。
今月の2日に千葉・幕張メッセでライブを開催し、27日に卒業コンサートを控える山本彩の卒業シングル「僕だって泣いちゃうよ」を初めて披露しました。


大阪難波を拠点とするNMB48が周年ライブを関東で開催するのは、初めてのことだそうです。
今月17日に大阪城ホールで8周年記念ライブが開催され、27日に大阪・万博記念公園が最後の舞台になる予定です。




スポンサードリンク



AKB48の結成当時のメンバーが消えゆく

AKB48の永遠のセンターと言われた前田敦子が結婚して第1子を妊娠したとの話題は、本当に最近の話でした。
AKB48のデビュー曲が「会いたかった」で鮮烈デビューし、「ヘビーローテーション」「カチューシャ」「フライングゲット」など様々なヒット曲を連発し、日本レコード大賞を受賞したことを覚えています。



NMB48のエースでもある山本彩もAKB48のメンバーの一人として活躍していましたね!
AKB48の総選挙でも年々上位ランクして魅力のある人気アイドルの一人で、私も応援していました。
残りのコンサート2回になり、「最後まで私にできることをやり尽くしてNMB48人生を終わりたいと思います」との心境を語っていますが、結成当時のメンバーが次々に卒業していくことを本当に残念に思います。



NHK朝の連続テレビ小説のセンターを任され圧倒感

NHK朝の連続テレビ小説の主題歌の「365日の紙飛行機」でセンターを務め、抜群の歌唱力を披露し、様々な所で歌われて親しまれました。
なので、卒業されるということは、NMB48にとって大打撃となりますが、同期メンバー吉田朱里が穴を埋める存在として期待されています。


NMB48の時期リーダー候補は、どのような女性?

吉田朱里は、出版関係者の話によると、「2016年にYouTubeで『女子力動画』でメーク術などを配信しており、ジワジワト若い女性にからの人気を集めており、今年からはファッション誌『Ray』の専属モデルにも抜擢されるなど、爆発的な人気を集めている。」とのことで、今後の活躍に大きな期待の星といったところでしょう!




スポンサードリンク




選挙活動でも、インターネット配信をして各政党の支持を呼び掛けるようになっていますが、YouTubeからの動画配信という素晴らしい戦略が見て取ることができます。
女性の髪形やネイル、化粧方法など、様々な若い女性向けへの動画が配信されていますが、今までのNMB48とはまた違う要素が見えてくるような気がします。


また、来年春には、アパレルブランドを立ち上げることを発表していることから、実業家としても活躍も視野に入れながら多方面での活躍が期待できるのではないでしょうか。


「さや姉」でという言葉で愛され続けて、お姉さん的な感じで全体をまとめて引っ張っていきましたよね!
デビョー当初は、黒髪ロングで学ラン姿で踊る姿を見て心が引き込まれてしまいそうになりました。
笑顔も最高に可愛いですし、美脚でスタイルも抜群!踊りも勿論、上手に踊っておられました。
統率力ありアイドルの皆からも信頼されて「さや姉」と親しみがこもっていましたね。



AKB48とNMB48を掛け持ちで大変仕事も忙しかったことと思います。
わたしの中での一番の想い出は、やっぱり「365日の紙飛行機」でしょう!
ステージの真ん中でマイクを持ち、穏やかな曲に合わせて時には手話を混ぜながら歌う姿。
とても印象的に残っています。
また、周囲も静かな感じで365日の飛行機に溶け込んでそのまま、飛行機が飛んで行ってしまいそうな感じでした。



スポンサードリンク



長かったようで短かった寂しさ

個人的には、もっとより長く現役のアイドルとして活躍して欲しかったかな?って感じました。
しかし、前田、大島、高橋、篠田といって中心が卒業してから、タイミングを伺っていたこともあるのかな?って感じます。
どの世界でもそうですが、引き際が大切で、何処で勇退するのかということろにありますからね!
それが、次の芸能活動をどのように展開させていけばいいのか、という話になります。



今後は、「個人歌手として歌い続けるのか」「女優になるのか」「タレント」になるのかとても楽しみな所ではあります。
本人が何をやりたいのか?ということが一番大切なことなんでしょうけでね!


今後の活躍への期待

芸能界は、生き残っていく為には、プライベートも捨てないといけないですし、社会常識をわきまえた行動をしなければ周囲が見ています。
相当なストレスと重圧の中、それに勝てないと生き残ることは難しいでしょう。
自分の名を挙げようと思ってもそう簡単なことではありません。



後援者を誰にしてどれだけバックアップしてくれるのかが求められるでしょう。
女子アナを退職し、「女医」になる!というアナウンサーもいましたし、あなたにとって一番何がやりたいのか?ということを見つけてから動くことが求められるでしょう。


今まで、「アイドルのエースをやってきた!」という自覚と自信を持って次への夢に向かって歩みだされたらいいことでしょう。
周囲は静かにゆったりと見守ってあげることが一番の薬であるとわたしは考えております。