秋の番組改編に伴い、新ドラマが10月から各局で始まる。
主演は誰が?ストーリーは?女優さんが主演の物もいくつかあるが、一番の注目は、「米倉涼子」であろう。
ドクターXシリーズは筆者も再放送まで見るほど、興味を惹かれたドラマである。
ドラマがズルズルと翌週に続かないのも、好きな点である。

その米倉涼子が主役の「リーガルV」、設定は元弁護士という役柄である。
医者から弁護士に米倉涼子も髪の毛をショートにして挑む。
ドラマの中の米倉のファッションも見ものらしい。なにしろバツグンのプロポーションですから、どんなものでも着こなしてしまう。ストーリー展開も劇中のファッションも話題になるであろう。米倉涼子は「強い、出来る女」を演じさせたら超一流ではないだろうか。




スポンサードリンク



シリーズ物はどれが人気か?刑事ものシリーズは不動の人気!



主演男優では、水谷豊と反町隆史の相棒も新シーズンがこのコンビで始まる。
二人の部署にもう一人?配属されてくる人って?これも興味をそそりますね。
水谷豊さんは、仕事に関して厳しく、ものすごくシビアな方だと聞く。

その水谷豊と今回も相棒となる反町隆史には頑張ってもらいたい。
「相棒」は所々にコミカルな場面をチョコッと挟むのが、良い効果を出している。
それが反町隆史が演じる続相方の役柄に組み込まれている。


主役はふざけもしない、冷静沈着なのに、相方の役柄が一つの「休憩タイム」のような効果になっている。
このシリーズの歴代の「相棒」の俳優さん、何人思い浮かびますか?今も主役を張れる俳優さんもいれば、スキャンダルの渦中の人になった方もいたような?


女優さんでみると、やはり鑑識の女シリーズの沢口靖子だろう。
このシリーズも必ずといっていいほど見る。
現代の鑑識課の技術の高さを垣間見ることができるからだ。
リーダー的な冷静な鑑識官を演じている。

一話完結なのも好きな理由である。
余談だが、沢口靖子は顔にホクロが目立っていた。
美しい顔の鼻の入口付近に気になるホクロがあって、蠅やゴミに見紛うこともあり、番組中にも「あの鼻の所のホクロがー」と妙に気になっていた。


それを取ったことで、美しい顔に見惚れることも出来るし、ドラマにも集中できるようになった。
チャームポイントのホクロもある場所や大きさによっては、俳優さん女優さんにはイメージダウンになってしまうから。

スポンサードリンク



新続編シリーズでは、「下町ロケット」だろうか。
前回も人気を博したドラマである。
前シリーズの登場人物に加え、新しいキャラも出てくるのでは?と気に留めている方も多い事だろう。

コミカルな役から険しい顔の主人公まで、どのような役柄もこなすことができる、阿部寛が主人公を演じる。
吉川晃司も俳優として貫禄充分で存在感を醸している。
ミュージシャンであり俳優業もこなす、重要な人物として今回も楽しませてくれることを期待する。


新ドラマであるが、唐沢寿明のドラマもはじまる。唐沢敏明はシリアスな役も実際のキャラであるらしい?ひょうきんな役もすべてこなせる俳優さんである。
今回はシリアスな物?であるようだ。
「白い巨塔」などはかつての主役を演じた俳優さんにひけをとらぬ演技であった。

良い脚本に適役の俳優さん、ドラマヒットの要因はまさにこの二つがそろってこそ生まれるのだ。
どんなに内容がよくても、「主役があの人でなくてもいいのに」と思う視聴者は意外と多いのだ。
あきらかに「ミスキャスト」のドラマが沢山ある。



スポンサードリンク



人気のドラマになるかは、出演する俳優や女優で決まる?


それは必須条件でもありますが、最近のドラマでは俳優さんは良いのに内容がいまいちで、視聴率が伸び悩み、視聴者の厳しい意見が流れます。

やはりストーリー、脚本家の腕と俳優さんの合致です。
もうすぐ終わりますが、国営放送の朝のドラマは実にストーリー構成が素晴しい!出演者も適役であった。
主人公の女優はまだ18歳。

CMに出ていた「あー あの娘だ。演技がうまい!」と思った人も多いのではないか。
これから伸びていくであろう新人女優や俳優をキャスティングすることは、博打のようなものだ。
当たるか否か分らないのだから。


国営放送さん、脚本家の選び方もキャスティングも成功だったね。
最近の朝ドラはずっと好調である。
筆者もほとんどの物が好きだったので、車の中で見たりしていたものだ。

おっと、横道にそれてしまった。
登場する俳優のキャラクター設定にはまった人も多かったと聞く。

このドラマは大変人気があり、視聴率も高い。
それだから、キャスティングは重要です。

最後にまとめ

大人気ドラマになるか爆死状態になるか、二つに一つです。
回数をこなすこともなく終わったドラマもありました。
ノベルスが元のドラマなどは、キャスティングの失敗がドラマ自体も原作さえもつまらないものにしてしまうからです。


なににしても、ドラマの秋です。あなたも毎週楽しみになるドラマが見つかるといいですね。