NHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」第147回は、ネット騒然の内容となりました。
ラスト5分でついにラブシーンが・・・
誰と誰が?って、もちろんあの二人です。
鈴愛と律がついにキスです!キス!
朝から衝撃の内容にドキドキがしばらく止まらなかった人、多かったと思いますよ。
第147回・・・まさに神回。





ラスト5分のラブシーン

今日の衝撃は、ラスト5分でやってきました。
ソファーで眠る律の元に鈴愛がやってきて、律にキスをしようとする。
その瞬間、目を覚ます律。
そして、律は鈴愛をソファーに招きいれ、バッグハグ。
そして、二人はキスへ・・・といった流れです。

スポンサードリンク



これがラスト5分で描かれた訳ですが、とっても濃い5分間でしたね。
幼なじみとして子供時代を共有し、大人になってからは別離もありました。
そして、再び時を共に過ごす鈴愛と律。




視聴者はいつか、二人は結ばれると思いながらも、なかなかうまくいかない展開にハラハラ、やきもきしていました。
そう思ってきた視聴者からしたら、本当に「ついに、ここまできた」といった感じですね。
何やら安心感に似た気持ちなのは、私だけでしょうか。



華丸、衝撃の内容に涙する!?

「半分、青い。」の後番組として放送されている「朝イチ」
MCを務めているのがお笑い芸人の博多華丸・大吉です。


実は、「半分、青い。」から「朝イチ」の流れがたまらなく好きと思っている人、多いみたいですよ。
ドラマを見て盛り上がった後に、ドーんと登場するご両人。
ドラマについて話さない訳にはいきません。




今までもドラマを受けてのトークが注目され、一度、二度?
ほど物議をかもしたこともありましたね。
それだけ華丸さんのコメントが注目されているってことなんです。



今回のキスシーンを受けて、華丸さんは何を口をするのか、とっても気になりました。
ん?
華丸さん、感極まって泣いている?ような仕草でしたよね。
待ちにまった二人のキスシーンに驚き、そして、感無量の表情でした。
今回は制作サイドがしてやったりといった感じです。




脚本家・北川悦吏子がスゴイ

「半分、青い。」の脚本家は北川悦吏子さんが手がけています。
北川悦吏子さんといえば、何を思い浮かべます?
年代にもよりますが、代表作はなんといっても、「ロングバケーション」通称、ロンバケですね。



最高視聴率がなんと36.7パーセント!
社会現象まで引き起こした大、大、ヒット作です。
主演は若かりし木村拓哉さん、そして山口智子さんです。



放送されたのは、1996年ですから、すでに20年も経っているのに、色褪せないドラマだなと思います。
だって、今でも話題になったシーンは思い出せますし、昔の映像をみてもまったく古く感じないんです。



マンションの部屋の窓からスーパーボールを投げて、跳ね返ってくるボールをキャッチするあの名シーン。
何人の人がマネをしたでしょうね。

スポンサードリンク



おっと、話がそれましたが、ロンバケ以外にも北川悦吏子さんの作品には、ずらりとヒット作が名を連ねます。
「愛しているといってくれ」
「オレンジデイズ」
「ビューティフルライフ」などなどです。



ラブストーリーの神様とも呼ばれる北川さんが手がけるとなると、「半分、青い。」も恋愛主体なのかと思いきや、今日の今日のまではその期待を上手くかわしてきたと思います


そして、5分間で誰もが胸キュンとするラブシーンを描くところが、やはりラブストーリーの神様がなせる業です。






気になる今後の展開は・・・

今日の放送で胸キュンしてしまい、こうなっては明日も絶対に見てしまいます。
すっかり制作サイドの思うツボですが、ツボでも穴でも入っても構いません。


キスをした後の二人は、どのように描かれるのでしょう。
そして、今後の二人がどうなっていくのか。
とても気になりますよね。



鈴愛の元ダンナが登場するシーンが予告に流れていました。
律とキスをしてしまった鈴愛の前に元ダンナが現れる、なにやらひと悶着がありそうですが、ドラマは9月末で終わってしまいます。
もう時間がありません。


鈴愛やかんちゃんを捨てた涼ちゃん、もうかき回さないでね。
と切に願ってしまいます。
そして、そよ風の扇風機は果たして完成するのでしょうか。
恋の行方、扇風機の行方に乞うご期待です。


連続テレビ小説はは主婦だけが見るのではない!

NHK朝の連続テレビ小説といえば、ヒマな主婦が見ると思われがちですが、
今回の「半分、青い。」は、ちょっと様子が違いますね。

放送後にはSNSで感想が投稿され、華丸さんのコメントもSNSで取り上げられることがしばしばありました。
脚本家の北川さんから華丸さんへのメッセージもSNSでありましたね。



若い世代も注目をし、SNSという時代のツールの力もあって、「半分、青い。」は好調をキープできているのでしょうね。
さぁ、明日の放送も楽しみです。
華丸さん、期待していますよ。