酒気帯び運転、そしてひき逃げ事件を起こした元モーニング娘。
メンバーの吉澤ひとみ。
共にモーニング娘。として活躍したメンバーが続々とコメントを発表しています。




スポンサードリンク



まさかの事件

事件は9月6日に起きました。
午前7時頃、お酒を飲んだ状態で車を運転し、赤信号にもかかわらず、交差点内へ侵入しました。
吉澤さんは交差点にいた女性をいた女性にケガを負わせ、その場から逃走した事件。

吉澤さんは、酒気帯び、ひき逃げの容疑で逮捕されました。
芸能ニュースで一報が報じられた時はとても驚きましたよね。



天真爛漫で健康的なイメージが強い彼女だっただけに、酒気帯び運転、そして、ひき逃げ事件はショックが大き過ぎます。
テレビから流れるニュースに耳を疑い、ショックを受けたのは私だけではないと思います。

「確か、結婚して子供もいたよね」と、ぶつぶつと呟いてみたり。


吉澤ひとみにかわり元メンバーたちが謝罪

繰り返し、繰り返し報道される事件。
ワイドショーの司会者、コメンテーター、芸能レポーターたちがみんな同じようなことを口にします。
「逃げたらダメだよね」
「車を運転するなら、どうして飲むの?」

そして、SNS上では吉澤さんと親交があった、なかった関係なしに、多くの芸能人がこの事件に言及しました。
その中には元モーニング娘。のメンバー達も。
親交があるというか、酸いも甘いも共に過ごした同士。
中澤裕子、辻希美、石黒彩、保田圭など、吉澤と一緒にモーニング娘。の黄金時代を築いたメンバー達。



誰もが吉澤さんが起こした事件を悲しみ、そして、世間を騒がせたことへの謝罪を口にしています。
本来ならば事件を起こした本人が謝罪をするべきところ、当の本人は未だ拘留中の身。



吉澤さんにかわり、モーニング娘。の元メンバー達が謝罪コメントを出しています。
お詫び、悲しみ、怒り、悔しさ、色々な気持ちが込められています。





さんまも事件に言及

今回の事件に関しては、大御所のアノ人も言及しています。
吉澤さんとはラジオ番組で共演した過去がある明石家さんまさんです。

後輩思いで知られるさんまさんからの言葉は、とても厳しいものでした。
「今回はフォローのしようがない」
「何の事情があるにせよ、どうしようもない」といった厳しい言葉を浴びせました。



さんまさんは過去に吉澤さんと一緒にお酒を飲んだことがあるようで、その時の様子を以前、ラジオで話していたことがありました。
お酒を飲んだ吉澤さんは、かなりしつこくなったみたいで、さすがのさんまさんも「嫌やった・・・」とこぼしています。



今はさんまさんに見捨てれた感がありますが、きっと、これから先、さんまさんなら力になってくれるはずと信じたいですね。


スポンサードリンク



育児に疲れていた?


吉澤さんの家族は、ダンナさんと2歳になる子供。
ダンナさんはIT企業の経営者だそうです。
過去に吉澤さんは家族揃っての食事が難しいと言った内容をブログに載せたことがありました。
ダンナさんはとても忙しい人みたいですね。




となると、育児は母親の吉澤さんがひとりでやっていたのでしょう。
仲が良いママ友でもいれば、気持ちが安らぐ時もあったでしょうが、そんな気を許せる友達もいなかったらしいです。




毎日の育児に疲れ、なかなか帰ってこないダンナさんの帰りを待ちわびて、孤独だったのかも。


報道では事件前日はダンナさんと家飲みをしていたとか。
そして、翌日仕事が入っているにもかかわらず、寝過ごしてしまったので、慌てて車で飛び出していったと義母が話されています。


今回の事件で義母はかなりのショックを受けられていると報じられています。
救急搬送されたとか。



育児をする母親はとても大変です。
でも、それを支えてくれる家族、そして大変さを分かち合える友達がいるからこそ頑張ることができるのです。




育児疲れと今回の事件は直接は関係がないと思われますが、今後、彼女をサポートすることが必要ならば、彼女が今まで抱えてきた悩みにも目を向けてほしいと願います。




事件の影響はママタレに大きく響く

ママタレが起こした酒気おび、ひき逃げ事件。
事件は吉澤さんはもちろんですが、事件の余波は他のママタレへも影響を及ぼすと言われています。




特に元モーニング娘。メンバーへの影響は避けられません。
ママタレに大切な明るいイメージ。
それが今回の事件で一変です。
しかも、吉澤さんがかつて所属したグループの元メンバーとなると、ダーティなイメージがついて回るのは仕方ありません。


しばらくは公の場でも今回の事件についてのコメントを求められるでしょう。
本来の仕事に支障がでたりといった危惧もあります。


最後にまとめ

起きてしまったことは仕方ない。
イメージが悪くなるのも仕方ない。
かつては一緒に頑張ってきた同士が起こした罪を真摯に受け止め、乗り越えてほしいと思います。
そして、もっと大きなものを背負って生きていく吉澤さんの支えとなってください。