皆さんは『ダンスコ』という言葉を聞いたことがありますか?
ファッションに詳しい方は聞いたことがあったり実際に持っていたりするかもしれませんが、大体の方はダンスコ、と言われても何のことだろう?とピンとは来ないと思います。
しかし一度知ると手放しがたくなるダンスコの正体、そして履き心地や歩き方と本当に疲れないのか?という検証結果を詳しく本記事でご紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク



疲れない靴ダンスコ

ダンスコ(DANSKO)とはそもそもなんなのでしょうか?皆さん最初に疑問に思うことでしょう。

ダンスコとは、アメリカのペンシルベニア州で1990年に生まれたブランドの名前です。
創設者のMandy Cabot氏とPeter Kjellerup氏は馬の調教師だったそうですが、Peter氏の故郷に馬を買いに行った際に、町の小さな靴屋でシンプルなクロッグスを見つけ、履き心地が良くどこででも快適に過ごせるクロッグスを大変気に入り、それをきっかけに、20年間改良に取り組み、履きやすく足腰への負担を取り除いたうえで機能性とデザイン性に優れた靴、ダンスコを作り上げたそうです。

DANSKOとはデンマークの靴という意味で、きっかけとなったデンマークで見つけた靴、という所から取って名づけられたらしいです。

日常ではもちろん、レストランや医療系で働く方々の靴として、今ではたくさんの国で色々な方に愛されているようです。
そしてダンスコは国内での店舗数もかなり多く、サイトからの購入だけでなく各地のデパート等でも取り扱っているので、気軽に手に入れることができます!

品ぞろえもかなり多く、様々な色やデザインが豊富にあるので男性の方も女性の方も安心して好みの靴を選ぶことが可能です。

ダンスコはユニセックスなデザインも多くありますので、必ずお好みのデザインが見つかるはずです!
色々なデザインがあると日々のコーディネートや様々な場面に合わせた選び方ができて嬉しいですね。


足腰への負担が取り除かれた靴となると、今まで過ごしていた外での日常生活がぐんと楽に快適に過ごせるようになるのではないでしょうか?

履き心地は?

驚くほど履きやすく、そして疲れにくいデザインが特徴といわれているダンスコの履き心地は、正しいサイズを選ぶことで圧迫感がなく、通気性にも優れた新感覚の履き心地だと言われています。

足先を圧迫しないよう広く設計してあるので、足先や指が自由に動かせるというところがまさに新感覚ですね!
そのおかげで長時間履いていても足に負担がかからず、快適に過ごせるようです。

ソールは厚めですが安定感があり歩きやすく、かなり疲れにくいと評判です!
さらに甲の部分が厚くできており、足の甲にフィットさせて履くことで靴自体の重みも感じにくくなりより快適に、より疲れにくい仕組みになっているようです。
まるで履いていないかのような履き心地、と表現されることの多いダンスコはまさに裸足感覚で新感覚の靴ですね。

履きやすくて疲れにくい靴、で探せばいろいろな靴が出てくるかもしれません。

しかし裸足感覚で履けて足腰への負担がない靴、となるとこのダンスコしかありませんね!