ダイバーウォッチと言えば、海に潜る人(潜水士)が付けるといったイメージですが、現在では普段使用するのはもちろん、スポーツやアウトドアなど様々な面で活躍しています。

水中という過酷な環境で使用できるスペックを持っている他、どんなシュチュエーションに適応しているため、ダイバーウォッチの腕時計を一本持っていれば充分といった頼もしさがありますよね。

さて、そんなダイバーウォッチアクアランドですが、「防水性はどこまで耐えれるのか?」「その他の機能はあるのか?」など、気になる方も多いのではないでしょうか?

この記事では、ダイバーウォッチアクアランドの防水性と機能・購入者のレビュー評価についてご紹介します。



スポンサードリンク




ダイバーウォッチアクアランド!防水性と機能は?



まずは防水性ですが、現在時刻と水深(最大70m)をアナログで同時表示可能となっています。

水深計は3時位置を基点(0m)に設定されており、海面から徐々に深海へ潜っていくイメージを表現し作られています。

その他、文字板の外周に表示される水深計はレクリエーションダイビングの潜水範囲である0〜40mのメモリ間隔を広めに設定。

これにより数値の読み取りやすさを確保すると同時に、潜水中に針がダイナミックに動く様子が楽しめれるようになっています。

続いて機能面ですが、見やすいインデックスデザインが施されてあり、針形状で視認性に優れているのが特徴です。

また、色分けされている夜光設計も大きな魅力です。

針やインデックスに採用されている夜光塗料を、時刻表示系と水深表示計で色分けされており、水中でも容易に見分けることが可能になってます。

ちなみに、夜光塗料は人体に安心、安全な放射性物質を含まないものを採用しています。



スポンサードリンク




ダイバーウォッチアクアランドのレビュー評価


評価基準として、デザイン性・耐久性・機能性・ブランド性・装着感などを対象とし、購入者の声を調査した結果、総合的な満足度はかなり高いと言ってよいでしょう。

人気の所以として、デザインの美しさやセンスの良さを含め、腕へのフィット感・機能の充実度などが、高い評価を得れてる要因です。

特に、デザインに関しては「文句なしに一目惚れ!」との声が多く、機能性やフィット感以上にデザイン部分の評価は高い印象を見受けられました。

また、海での使用が主かと思われがちですが、いろんなシチュエーションにも対応してくれる万能さを持ち合わせているため「スーツにもバッチリ決まる!」との声もあり、いろんな場面での適応力も人気の所以でしょう。

強いてデメリットを言うのであれば、暗闇の中で使用する際、若干針の蛍光発色が薄いことでしょうか…。

しかし、ソーラー充電で電池交換が不要なため、さほど気にしていない購入者は多いようですよ!


最後にまとめ


ダイバーウォッチは色々なメーカーが販売しています。
特に人気はROLEXではないでしょうか?
確かにROLEXのサブマリーナやディープシーなどは素晴らしい時計ですね。

ただやはり値段が高額です。
ROLEXというブランドには確かに惹かれます。
ただ性能で言えば、アクアランドも負けてはいません。

ブランド力では確かにROLEXには勝てませんが、また違った意味で所有する喜びを与えてくれると思います。
アクアランドは持っていて損はない時計だと思います。

以上、ダイバーウォッチアクアランドの防水性と機能性・レビュー評価についてご紹介しました。